俳優の中村倫也が一人7役に挑戦する映画『水曜日が消えた』(5月15日公開)の予告映像とポスタービジュアルが解禁になった。

【動画】謎が深まる発言連発…『水曜日が消えた』予告映像

 同作は、一人の人間の内側で、曜日ごとに入れ替わって暮らしている7人の“僕”が主人公。ほかの“曜日”とは、直接会うことはできず、日記を通してのみ間接的に互いを知っている。そのうちの最も地味でつまらない一人、通称“火曜日”の視点を通して描かれていく世界の物語。メガホンを取ったのは次の時代を担う気鋭の映像クリエイター100人を選出するプロジェクト「映像作家100人2019」に選ばれるなど注目を集める吉野耕平監督。

 予告映像は、ポップな音楽が流れながら主人公“火曜日”の僕が「毎日言っていることが違うから、ろくに友だちができない…」と嘆く場面からスタート。しかし“水曜日が消えた”というナレーションで映像も一転。医師から「あなたの中で異変が起きています」と伝えられ、7人の僕のうちの誰かが「仲間っていうか共犯者?」と謎の発言もあり、ラストは「僕を見張れって?」というせりふも飛び出し、僕に一体何が起こったのか、謎が深まる映像になっている。