1987年10月より長きにわたり愛される報道番組『サンデーモーニング』(TBS系)。政治・経済・国際・社会の硬派なニュースを中心に取り上げる同番組の名物の1つが、アナログ感あふれる模型でニュースを深掘りする手作りフリップ解説。温かみのある手づくりフリップは、2006年8月より起用されてきた。フルCGのデジタル時代にあえて手作りにこだわる理由や、生放送だからゆえの失敗談、視聴者の反響について、番組プロデューサーでTBSの金富隆氏に話を聞いた。

【写真】「新型コロナウイルス」「香港100万人デモ」…海外でも話題の手書きの手作りフリップ

◆専門家を入れず現場スタッフがフリップを制作 ニュースを深く理解し自分の言葉で伝える

──今や『サンデーモーニング』の名物となっている“手作りフリップ”はいつから採用しているのですか?

【金富】 一番初めは記録をひもとくと…2006年8月27日の放送、「『太陽系の惑星』とされてきた冥王星が、『準惑星』に“格下げ”された」というニュースを取り上げた時で、約14年前からですね。これまで手作りフリップで取り上げた項目、解説した女性サブキャスター、制作したスタッフの名前はすべてノートに記録しています。ただ1放送回につき1行くらいの記録で済んでしまうので、なかなかノートが終わりません。10年以上使っているので、ノートもすっかりボロボロです(笑)。

──さまざまな仕掛けが凝らされたあのフリップは、いつどなたが作っているのですか?

【金富】 解説を担当するサブキャスターとディレクターに加えて、アシスタントディレクターが2~3人、学生アルバイトが2人の6~7人で作っています。専門の美術スタッフは一切入れず、自分たちだけで作ります。制作スケジュールとしては、まず金曜日に取り上げるニュースを決める会議があり、その夜に試作品を作ります。主な材料はダンボールや発泡スチロール、テグスなど。足りない材料があったら、DIYショップに買いに行きます。作業は深夜までかかり…本当に手作りなんです。

──小学校の夏休みの工作みたいですね。

【金富】 はい。土曜日の昼にMCの関口宏さんも含めた番組の全体会議があり、そこで実際に手作りフリップを動かしながら担当キャスターが解説します。その際に、「説明がちょっとわかりにくい」「この要素も盛り込む必要があるのでは?」といった意見が上がると再度作り直します。本番ギリギリに誤字を見つけることもあり、その場合不恰好ですが、上から紙を貼って対処したりもします。

──文字くらい印刷にすれば、簡単に修正できそうな気もしますが……。

【金富】 文字は基本的に解説するサブキャスターの手書きです。たしかに文字をフォントにしたり、それこそフリップそのものも、専門の美術スタッフが作ったほうがキレイにできるでしょうが、それよりも伝えるサブキャスターや番組スタッフが、手を動かして作ったほうが伝わるものができるのではないか、というのが『サンデーモーニング』の考え方です。解説するサブキャスターにとっては、毎回大変だと思いますが…。フリップ制作に関わることで、ニュースをより深く理解して「自分の言葉で伝えてほしい」というのが元々の番組の狙いのようです。

──箱型のフリップをくるっと回したり、紙を次々と剥がしたりと、仕掛けを動かすのもすべて手作業。失礼ながら、仕掛けが失敗しないかどうかナナメ目線で注目してしまうこともあります。

【金富】 そういう見方をしてもらっても全然構いませんよ(笑)。スタッフは毎回、一生懸命作っているんですが、リハーサルで上手くいった仕掛けが、本番では動かなかった…みたいなハプニングもありました。でもそれはそれで、生放送ならではなんじゃないか、というのが番組の考え方です。一番大事なことは視聴者にニュースが分かりやすく、そして正確に伝わることであり、しっかりそれが守られていれば、仕掛けの失敗は気にしないようにしています。

◆スペインや香港など海外でも話題…手作りだからこそ伝わるものがある

──最近はバラエティ番組『激レアさんを連れてきた』(テレビ朝日系)でも、弘中綾香アナウンサーによる手作り小道具の絶妙なユルさが若者に人気です。同番組の演出の方は手作りの理由を「経費削減」などとコメントしていましたが、たぶんそれだけが理由ではないですよね?

【金富】 『激レアさん』の土曜日の夜は番組制作の真っ最中なので、ほとんど見られていないのですが…。おそらくこれだけフルCGが溢れていると視聴者の方も疲れてしまい、アナログなものにホッとするところはあるのではないのでしょうか。『サンデーモーニング』の場合は、「いかにわかりやすく噛み砕いて伝えるか」が狙いです。手作りフリップで解説するニュースは割と硬いと言いますか、国際政治や経済、サイエンスなどの一見難しそうなものも多く、だからこそしっかりとわかりやすくしたいと思っています。

──たしかにほかの報道番組であまり深掘りしないような話題を、手作りフリップ解説でピックアップしている印象があります。

【金富】 もちろん柔らかい話題を取り上げることもあります。ただ、一見難しそうな話題ほど、手作りフリップが生きる…みたいなこともあると思います。これは1つの例なのですが、スペインでの「カタルーニャ独立を求める動き」を手作りフリップで解説した動画(2017年9月17日放送回)をネットに上げたら、すごい勢いで再生されたことがあったんですね。

──手作りフリップのバックナンバー動画は番組公式WEBサイトやYouTubeにアーカイブされていますが、失礼ながらそうした硬い話題が拡散されることってよくあるのでしょうか?

【金富】 結構アクセス数は多いとインターネットの担当からは聞いています(笑)。ただ、「カタルーニャ独立」は2週間で24万回再生と異常に多くて。「何があったんだ?」と担当者が調べてみたら、現地・スペインからのアクセスが殺到していました。コメント欄にもスペイン語で「きちんと解説してくれてありがとう」のような声がたくさん寄せられていて。果てはバズったことが、スペインの新聞にも取り上げられたそうです。すべて日本語で字幕もないのに、何の話題をどんな切り口で解説しているか、スペインの方々が理解して下さっていたのは僕らにとって新鮮で。“映像の力”を感じました。また、一生懸命に手作りしているからこそ、伝わるものがあるんだと実感しました。最近も、香港の「100万人デモ」(2019年6月16日放送回)を解説した手作りフリップ動画が、現地・香港でたくさん再生されたみたいです。コメント欄には香港の人たちでしょうか、現地の言葉で多くのメッセージが寄せられていました。

◆硬いニュースを柔らかく伝える手作りフリップは、視聴者との絆を築く方法のひとつ

──うがった見方かもしれませんが、テレビ番組としてはネット動画が拡散されるよりもやはり高い視聴率を採りたいと思います。だとしたら、取り上げるトピックも“間口の広い”話題のほうがいいのではないでしょうか?

【金富】 報道番組は尺に限りがあり…取り上げられる項目も決して多くはなく。テーマの選択は常に議論になります。間口の広さだけを大切にしようとすると、テレビの報道・情報番組は、横並びで似たような話題ばかりになる。それは仕方ない面もあると思いますが、多くの番組が並びで、ひとつの話題を加熱させるのが本当にいいことなのかは考える必要があると思うんですね。視聴者の関心は大切にしながら、一方で「独自でありたい」というのが番組の精神なんだと思います。

──「独自でありたい」とは具体的に言うと?

【金富】 たとえば『サンデーモーニング』では芸能スキャンダルのような話題は扱わないというのが、番組当初から一貫した姿勢です。その週、多くの視聴者が関心を持っている芸能の話題もありますが、そこになるべく行かずに「硬いニュースを中心に番組作りができないだろうか」というのが…ささやかではありますが、番組の考え方なんですね。それは視聴率を考えれば厳しい時もありますが(笑)、“間口の広さ”だけで項目を選ぶのはしないようにしたい、という姿勢でもあります。芸能スキャンダルが大きな話題になっている時、その日は裏番組を観る方もいるでしょう。でも「扱わない」番組の姿勢に信頼を置いて下さる方もいるかもしれない。「だからこそ観たい」と思ってもらえたとしたら…理想論かもしれないけれど、それは幸せな関係かもしれないな、と思います。

──長年にわたって同時間帯の視聴率トップを走っている『サンデーモーニング』。硬いニュースを柔らかく伝える手作りフリップもまた、視聴者との絆を築く方法論のひとつなんですね。

【金富】 そうかもしれません。番組は32年余りやってきた積み重ねで。キャスターとサブキャスター、それにさまざまなスタッフがいろんな工夫をしながら、ここまで来たんですね。私が関わっているのはほんの一部です(笑)。

──ちなみに番組スタッフの情熱と汗が染み込んだ手作りフリップ、番組放送後はどうされているんですか?

【金富】 2週間くらい後に壊して破棄します。スタッフルームには立体物を永久保管するスペースはないもので(笑)。少しもったいない気もしますが…。気がついたら次の週になっていて、新しいニュースが起こっていて。また、新しい“手作り”を作らないといけない。スタッフはそんな日常の繰り返しなんですね。

(文/児玉澄子)