『M-1グランプリ2018』王者・霜降り明星が突破口を開き、お笑い界にニュージェネレーションの台頭を期待する空気が高まっている。様々な賞レース、若手にフォーカスしたネタ番組から、自らの腕一つで次々に名乗りを上げる若手芸人たち。そんな中からオーディション&エンタメ情報サイト「デビュー」が、今年エンタメ界で大きなステップアップが期待される『2020年ネクストブレイクランキング』を発表。芸人編では、『M-1グランプリ2019』で王者となったミルクボーイが1位に選ばれた。

【ランキング表】注目の若手芸人をチェック!『2020年度 ネクストブレイク~芸人編~』TOP10

◆コーンフレークを売り切れに! 磨き抜かれた「リターン漫才」

 1位に選ばれたのは、やはりというか当然というか『M-1グランプリ2019』優勝の印象が鮮烈なミルクボーイ。「M-1で優勝したし、準決勝のコーンフレーク、決勝の最中のネタが面白かった」(岡山/10代/女性)「コーンフレークが売り切れたと聞いたから」(広島/50代/女性)「とにかくM-1面白かったです。コーンフレ―ク、最中、買いました。もっとテレビに出て下さい」(栃木/50代/女性)「M-1で優勝したから。久しぶりに納得のいく優勝だった」(東京/30代/女性)と、『M-1』で披露した二つのネタの完成度と完璧なパフォーマンスで視聴者を完全に虜にした。

 M-1で披露したのは、駒場孝が「オカンが忘れたモノの特徴」を振り続け、内海崇が「〇〇やないか!」「○○ちゃうやないか!」と、偏見に満ちた言葉とともに肯定と否定を繰り返し、笑いがエスカレートしていく「リターン漫才」と称するネタ。「定型的なやりとりをベースにしているお笑いは多くあるが、特別面白かった」(香川/20代/女性)「フォーマットを発明したので、色々なところで応用が利きそうだから」(東京/40代/男性)「完全なる漫才と誰かが言ってたけど、本当それ。昔からある感じなんだけど新しい。ひたすら笑える」(群馬/50代/女性)と、シンプルながら奥が深い構成に称賛が集まる。加えて「誰も傷つけない漫才は、サンドウィッチマン以来のブームだと思う」(東京/40代/女性)「ネタも誰かをディスることなく身近な事からの笑いで好感度が高いです」(愛知/40代/女性)と、ディスりやイジり、自虐に頼らない“優しい笑い”の潮流に合致していたことも勝因だろう。

 元々先輩芸人達から実力を高く評価されていたコンビなので、M-1優勝による圧倒的な認知は大きなチャンス。今後のブレイクに向けてはネタ以外の部分の勝負となるが「大阪のテレビ番組の前説を頑張っていた話を聞いているので、ぜひブレイクしてほしい!」(兵庫/30代/男性)「片方が現代的な容姿で、片方が昭和的な容姿なのも面白かった」(埼玉/30代/男性)「謙虚さがあること」(大阪/40代/男性)「ラジオのフリートークも面白いので」(大阪/40代/男性)「人柄も好感が持てるので、人気者になってほしいです」(大阪/40代/女性)と、応援したくなる要素は充分。さらに「個人的にはボディビルでの実績のある駒場の筋肉も前面に出してほしい」(大阪/40代/男性)「ボケの人にボディビル需要」(神奈川/40代/女性)と、駒場の“筋肉方面”でのブレイクに期待する声も多く寄せられた。

◆第2位は“ブサイク芸人1位”稲田の男前な内面が魅力 イケメン相方とのバランスも絶妙

 2位に選ばれたのはアインシュタイン。「よしもと男前ブサイクランキング2019」のブサイク芸人1位でインパクト大の顔面を持つ稲田直樹と、男前ランキング3位のツッコミ・河井ゆずるによる異色コンビ。「あの顔面のインパクト、そして強い精神、相方がそれなりのイケメンという面白いコンビだと思うので」(神奈川/50代/女性)「イケメンとブサイクの顔面偏差値の差がいい。2人とも頭の回転が早く、どんな番組でもうまく回せそう」(滋賀/30代/女性)と、すでに関西圏を中心にアイドル的な人気を得ている一方、第48回NHK上方漫才コンテスト優勝などの実績もあり、「見た目のインパクトだけでなくお笑いとしても凄い」(東京/50代/男性)と、漫才・コントの腕も確かだ。

 「稲田は顔が反則!おもしろすぎる」(愛知/30代/男性)というように、稲田の顔面はコンビ最大の財産だが、彼は単なるブサイクキャラには止まらない。「稲ちゃん人気ずっと続いてほしい。心が綺麗、癒される」(宮崎/20代/女性)「稲ちゃんの男前発言がかっこいい」(奈良/30代/女性)「稲田さんのハートのかっこよさに世の中が気づき出した。出川さん並みの大逆転あると思います」(東京/50代/男性)「稲ちゃんのインパクトと愛されキャラは破壊力があるので」(神奈川/30代/男性)と、実は男前でスマートな内面とのギャップにやられるファンも多数。ルッキズム(見た目による差別)の呪縛をぶち破ってくれるヒーローのような称賛を集めている。

 現在は稲田人気が先行して見えるが、「ツッコミの河井はボキャブラリーが豊富で稲田のちいさなボケからどんどん笑いを引き出す」(京都/40代/男性)と相方の才能を認める声も。「対照的な二人が面白い。稲田君は顔はともかくすごく考え方が素晴らしく、ファンレターの返事を書いてると知り偉いなと思った。ゆずる君は貧乏だったらしいので、個人でもTVに出て売れまくると思う」(大阪/30代/男性)「もう稲ちゃん効果でブレイクしていると思います。変わり者の稲ちゃん、イケメンだけどちょっと抜けてるゆずるさん。なんだかフットボールアワーさんを彷彿とさせます」(滋賀/30代/女性)と、コンビのバランスも彼らの魅力であり、アインシュタインとしてのブレイクも近そうだ。

◆「ノリ突っ込まないボケ」で革命起こす 全肯定の言葉が今の時代にマッチ

 3位に選ばれたのは、今回1位のミルクボーイと『M-1グランプリ2019』の最終決戦を戦ったぺこぱ。「M-1王者は逃したものの、確実に世の中にインパクトを与えたから」(大阪/30代/男性)と、ぐんぐん知名度を上げ、「キャラクターがハマったときの爆発力に期待」(大阪/40代/男性)と、今後、ネタ番組以外での活躍にも注目が集まっている。昨年末、急に出てきた感はあるが、2019年1月1日放送の『ぐるナイ おもしろ荘 日本で一番早いネタ祭!誰か売れて頂戴!』(NTV)に出場し優勝するなど、すでにブレイクの兆しはあった。ただし前所属事務所のバラエティ部門廃止を受けてフリーに、その後サンミュージックに所属して臨んだM-1で初の決勝進出と、その道程はジェットコースターのような軌跡を描いている。そして「『おもしろ荘』に出てた時は着物のような衣装だったのが、M-1ではスーツにあのネタなのが面白かった」(神奈川/30代/女性)と、試行錯誤の末にたどり着いたスタイルで、結成11年にして大きなチャンスを手繰り寄せた。

 ぺこぱが視聴者の圧倒的な支持を受けたのは、「ノリ突っ込まないボケ」という新しい笑いのスタイルだ。シュウペイの傍若無人でマイペースなボケに対し、キザキャラの松陰寺太勇がツッコむ、かと思いきやポジティブな言葉で全肯定することで大きな笑いが起きる。「ポジティブツッコミがとっても好き。真似したくなるし、時代の流れにも合ってると思う」(東京/20代/女性)「芸のスタイルがこの時代に合っていると思う。人を貶したり馬鹿にしたりせず寧ろ肯定しながら笑える素敵で面白いコント」(神奈川/10代/女性)と、ミルクボーイ同様、現在の“優しい笑い”の波にも乗った。

 さらに「否定ばかりの殺伐とした日本社会に優しさを見た」(大阪/40代/男性)「あの優しいツッコミ思考広まってほしい。子供たちは参考にして育ってほしい。優しい世界にしていこう」(大分/30代/女性)など、寛容さを失った社会に疲れた人たちに「癒し」さえも与えている。現在は松陰寺のキャラがフィーチャーされがちだが、「シュウペイのヤバさが垣間見えるのが良い。かわいい」(埼玉/30代/女性)「シュウペイも実はしゃべれて、有能なのがYouTube見るとわかるので今後楽しみ」(北海道/50代/男性)と相方もポテンシャルを秘めており、ぺこぱとしてのバラエティ出演も増えていくに違いない。

◆演技力、バイタリティ、身体能力…才能溢れるネクストブレイク候補続々

 4位の四千頭身は、まだ22、23歳と若い新感覚の漫才トリオ。「3人の独特の間が好き。3人でなければ出ない面白さ。下品じゃないし、うるさくないのが好き」(神奈川/40代/女性)「テンポが独特でクセになる。自分の思ったことと違う視点から切り込まれるので、言われたことに納得しつつじわじわ笑える不思議な感じ。最初はしっくりこなくても、見慣れてくるとハマる人がいるんじゃないかな、と思ってます!」(神奈川/20代/女性)など、後藤拓実のローテンションなツッコミが冴える“脱力系漫才”の個性は唯一無二。「メンバーそれぞれ愛嬌がある」(千葉/50代/女性)「ドラマなど、演技のお仕事が増えそう」(岩手/30代/女性)など、ネタ以外での可能性も広がっている。

 7位のかが屋は『キングオブコント2019』で決勝進出を果たしたコンビ。リアルな日常を切り取ったコントの完成度に定評があり、「ネタ作りが丁寧で確かな演技力がある」(宮城/20代/女性)「ネタのあるある感が好き。感動で涙することすらある」(埼玉/40代/女性)「コントの面白さは東京03の後を追うものがあると思います。あの演技力で役者をしてもいいと思う」(神奈川/30代/女性)「コントだけでなくドラマや映画など、俳優としても活躍していけそうな二人」(千葉/40代/女性)と、二人の演技力に期待する声も多数寄せられた。

 8位のフワちゃんはフリーで活動するYouTuber。ハイテンションでパワフル、どんな相手にも物怖じせずに絡んでいき「遠慮のない言動でテレビ番組をおもしろくしている」(東京/20代/女性)「うるさいけど憎めない存在」(東京/40代/女性)と、テレビ界でも支持を勝ち取った。そして「底抜けに明るくて不思議と周りを不快にさせない。時勢にあっていると思う」(山梨/30代/女性)「人を傷つけない、下品じゃない所が良いです。周りに気を遣ってないようで本当はとても周りを見ている方だと思います」(神奈川/40代/女性)「これからの時代を象徴するタレントだと思う」(埼玉/40代/男性)と、新しいスタイルのタレントとしてポジションを確立しつつある。

 10位のティモンディは愛媛県・済美高校野球部の同期生というコンビ。ボケの高岸宏行がゆっくりと癖のある口調で語るポジティブな言葉にハマる人が続出。「高岸のポジティブな発言はみんなを幸せにすると思う」(東京/30代/女性)「見るからにいい人そうだから、高感度はバツグンかなと思う」(埼玉/30代/女性)「ロケでのコメントも相手を傷つけない言葉で見事」(東京/50代/女性)と、その好感度の高さは大きな武器だ。さらに「高岸くんの球速150キロとあのしゃべり方のギャップがインパクト大です。12球団すべての始球式に呼ばれてほしいです」(東京/50代/女性)「二人共済美高校の野球部出身なので、スポーツ系番組で呼ばれそう。特に高岸の150キロのストレートはインパクト絶大」(青森/40代/男性)と、野球経験を活かした仕事も期待されている。

【調査概要】
集計期間:2020年1月10日(金)~2020年1月16日(木)
調査対象:合計1000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代~50代の男女)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査
調査機関:オリコン・モニターリサーチ
※現在、全国ネットの冠番組を持っていない芸人から選出。