40年余の歴史を持つ『機動戦士ガンダム』の長い歴史において、今なおトップクラスの人気を誇るジオン軍の量産型MSザク。多くのモデラーたちが、この機体をキャンバスとし、自身の妄想ストーリーを具現化している。今回紹介するのは、『月刊ホビージャパン』のガンプラコンテスト・第16回「全日本オラザク選手権」ジオラマ部門で銀賞を受賞したピコ氏。“ヤラレ役”である量産型MSザクに魅せられた、その理由とは?

【写真】これぞ「逆襲のクワトロ」!この百式なら、キュベレとジ・Oを圧倒しちやいそう…⁉ 必見の“面白系”ガンプラも

■説明が無くても“物語”の背景を感じてもらえる作品を目指した

――ガンプラにハマった原体験は?

【ピコ】ハマったキッカケはザクです。それまで何度も目にしているはずのザクのカッコ良さに、ある日突然気付きました。それから急ぎ最寄りのプラモデル屋さんに行き、HGのザクを購入。値段の安価さ、組みやすさ、可動ギミックの豊富さに衝撃を受けた記憶があります。それからFG、RG、MG ver.1、ver.2 、旧キット各スケールと一通り流通しているザクを買い漁りました。

――ザクの魅力についてもう少し教えてください。

【ピコ】ザクに魅力を感じる部分としては、見た目の良さも勿論なのですが、量産機であることが挙げられます。数がたくさんあるという事は、それだけパイロットがいて、それぞれに様々なバックボーンがあるんだろうな、という妄想が掻き立てられるからです。具体的に言うと、脱走兵の話を主題とした『機動戦士ガンダム』の第15話「ククルス・ドアンの島」がその好例だと思います。

――ピコさんの作品からも、ザクの背景にあるストーリーを妄想してしまいます。

【ピコ】この作品のテーマは「橋と人々」です。いかにしてその橋が架かったのか、自身が設定したストーリーを説明しなくても、何となく背景を感じてもらえるような作品を目指しました。

――タイトルがあれば教えてください。

【ピコ】タイトルは「オリビアの橋」としました。この橋がほぼ当時(1年戦争)のままの姿で現存する理由は、橋としての堅牢な強度もさることながら、人々の(パイロットへの)敬意によるところが大きい。橋の名は、かつてこのザクを操縦していた男の恋人の名前に由来する、という設定です。

――確かに、このタイトルと設定を聞いただけで、どのような経緯で「オリビアの橋」が架かったのか妄想してしまいますね。

――本作は人気模型誌『ホビージャパン』による第16回「全日本オラザク選手権」ジオラマ部門で銀賞を受賞された力作です。ピコさんにとって「オラザク選手権」とは?

【ピコ】オラザク選手権への参加はこの一度きりのニワカ者ですが(苦笑)、日本中のガンプラファンが応募し、ハイレベルな作品やユニークな作品が目白押しなこの大会は、「自分の妄想が通用するのか試したい!」と思わせてくれる魅力のあるコンテストです。

――本ジオラマで使用したキットは?

【ピコ】使用キットは、RG MS-06 ザクIIです。当初HGのザクを使って制作していたのですが、ザクのキットを買い漁っていくなかでポージングの自由度が高いRGと出会い、急遽RGでの制作に変更しました。

――作品のインスピレーションを受けたタイミングは覚えていますか?

【ピコ】それが、「ザクのシールドって人が渡れそう」という馬鹿らしいアイデアを思いついた事が、今作を制作するキッカケなんです(笑)。そこからさらに妄想が膨らみ、「戦争時に架けられた橋の周りで平和に暮らす人々」を描きたいと思い、それをどう表現するかで自分なりに苦心しました。個人的には釣り人がお気に入りです。

――特にこだわった部分は?

【ピコ】制作面でこだわった部分は、「朽ちかけたザク」と「ザクがよりかかる建築物」の一体感とその構図です。ザクというフィクションを出来るだけ不自然さが残らないよう風景に落とし込むよう努力しました。

――ガンプラを制作していてカタルシスを感じる瞬間は?

【ピコ】制作中にカタルシスを感じる瞬間は、誇張抜きで常にあります。キットを購入した時や、箱を開けてランナーを眺める時、どんな風に作ろうか思案する時、自分なりに表面が綺麗になった時、マスキングを剥がす時、色々上手く誤魔化せて完成した時など…その時々で違ってはきますが、割と常々感じていて、その感情を味わいたくてガンプラ制作を続けているのだと思います。

――では、今後作ってみたいジオラマは?

【ピコ】今作もそうなのですが、やはり人物に焦点をあてた作品を作りたいです。ガンプラを上手く風景として溶け込ませつつ、そこに人々のストーリーを感じられるモノを作っていきたいです。ガンプラ作品に限らず、模型のアイデアはいつも考え、浮かんではネタノートに書き留めています。それらのネタを複合したりして他ジャンルの作品に活かしたりもします。イメージボードのようなものも書くのですが、思い描いたそのままが模型として完成すると、ここでもカタルシスを感じています。

――ピコさんにとってガンプラとは?

【ピコ】私にとってのガンプラは「楽しみ」の1つです。違ったジャンルのプラモデル制作中の息抜きに組み立ててみたり、作品に落とし込む為にあれこれイジってみたり、積んでみたり、それを眺めてみたりと楽しみ方も本当に多岐に渡ります。

(C)創通・サンライズ