合成麻薬のMDMAとLSDを所持したとして麻薬取締法違反の罪で起訴され、6日に懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡された女優・沢尻エリカ被告(33)が同日夜、直筆でコメントを発表。謝罪の言葉とともに「社会人として、一人の女性として、今一度自分自身を見つめ直していきます」と決意をつづった。

【画像】沢尻エリカ被告直筆の謝罪文

 沢尻被告は「ファンの皆さま、ならびに関係者の皆さま」の書き出しで「この度は、私の身勝手な行動により多くの人を裏切り、傷つけてしまい、社会的に測り知れないご迷惑をおかけしてしまったことを心から深くお詫び申し上げます」と謝罪。

 「謝って許されることではありませんが、犯した罪の重さを自覚し反省していき、全力で更生に向けて努力することが自分の唯一の償いと考えております」と伝え、最後は「社会人として、一人の女性として、今一度自分自身を見つめ直していきます。沢尻エリカ」と結んだ。

 なお、同日には所属事務所のエイベックス・マネジメントもコメントを発表。「麻薬取締法違反の罪に問われておりました沢尻エリカに対し、本日判決が出ました。弊社といたしましては、この判決を厳粛に受け止めております。 今後につきましては、本人との話し合いを重ね、真摯に対応して参ります」として「改めまして、この度は誠に申し訳ございませんでした」と謝罪した。

 起訴状によると、沢尻被告は昨年11月16日、目黒区の自宅マンションで、カプセル2錠に入ったMDMAの粉末0.198グラムのほか、LSDを含んだ紙片と液体計0.685グラムを所持したとされる。初公判で沢尻被告は起訴内容を認め、被告人質問で「自分の中で薬物をコントロールして、いつでもやめられると思っていた。ですが、それは大きな間違いでした。気がつけば薬物を制するより、制される状態になっていました」と、薬物依存に陥っていたことを告白していた。

 検察側は論告で、沢尻被告が19歳から薬物を使用し常習性が高いなどとして、懲役1年6月を求刑。一方、弁護側は沢尻被告が薬物の入手経路や保管場所などを自ら供述しており、捜査に協力的だったと説明。執行猶予が再犯を予防する反面、社会復帰を困難にする恐れがあるため、適切な執行猶予期間とするよう訴えていた。この日、瀧岡裁判官は沢尻被告に懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)言い渡した。

■以下、コメント全文
ファンの皆さま、ならびに関係者の皆さま

この度は、私の身勝手な行動により多くの人を裏切り、傷つけてしまい、社会的に測り知れないご迷惑をおかけしてしまったことを心から深くお詫び申し上げます。

謝って許されることではありませんが、犯した罪の重さを自覚し反省していき、全力で更生に向けて努力することが自分の唯一の償いと考えております。

裁判の結果を真摯に受けとめております。
何よりも、他人を思いやるという気持ち、根本の大切なことが
私自身には欠落していたのだと痛感させられました。
社会人として、一人の女性として、今一度自分自身を見つめ直していきます。

沢尻エリカ