2/10付オリコン週間コミックランキング(集計期間:1月27日~2月2日)で、吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第8巻が週間売上14.8万部で同巻初の1位を獲得。また2位から10位にも7巻、17巻、1巻、9巻、10巻、12巻、11巻、2巻、14巻がランクインし、史上初となる1位~10位を独占した。なお同シリーズは、2019/12/30付で「同シリーズ作品最多TOP10入り」歴代1位を9作同時TOP10入りで記録しているが、今回で同記録も自己更新した。また同週付では11位から18位にも、13巻、15巻、3巻、16巻、4巻、5巻、6巻、18巻がランクインし、1位から18位を独占した。

【動画】迫力ある映像美!人気となった『鬼滅の刃』のアニメ映像

 
 また今週は、公式ファンブック『鬼滅の刃公式ファンブック 鬼殺隊見聞録』が前週付43位から21位に上昇。週間BOOKランキングでは、ノベライズ第1弾『鬼滅の刃 しあわせの花』が6週連続通算14週目、第2弾『鬼滅の刃 片羽の蝶』が9週連続通算15週目目のTOP10入りとなる4位、5位にランクイン。また同時TOP10入りはこれで6週連続となった。

 『鬼滅の刃』は、人喰い鬼の棲む世界を舞台に、主人公の少年・竈門炭治郎(かまどたんじろう)と鬼との戦いを描くダークファンタジー。2月4日には最新19巻が発売となっており、この発売を目前に既刊にも注目が集まりセールスを伸ばした。今年は1月から2月前半にかけて舞台公演が行われたほか、劇場版『鬼滅の刃 無限列車編』の公開が決定している。

※「オリコン週間“本”ランキング」は「2008/4/7付」よりスタート