京都・平安神宮敷地内「京都・時代祭館 十二十二」2階にある「KYOTO SAMURAI THEATER」でほぼ毎日、エンターテインメントショー公演を続けているKYOTO SAMURAI BOYSのデビューアルバムのタイトルが『壱』に決定。3月4日より、拠点としている京都で独占先行販売ののち、ほかの地域で順次発売していく。

【写真】昨年8月にプレオープンした当時の舞台写真

 同アルバムには、「侍Brotherhood」「虹を描いて」「Players」「咲螺-サクラ-」が、それぞれ「義ver.」と「勇ver.」の2曲ずつ収録されるほか、未発表の新曲「夢と星」(「team 椿ver.」「team 桔梗ver.」「team 若葉ver.」の3曲)も収録。また、アルバムジャケットのタイトル「壱」の字は、「team桔梗」リーダー・里中将道による書が採用されている。

 「KYOTO SAMURAI THEATER」では、「team 椿」、「team 桔梗」、「team 若葉」の各チームメンバーが主体となって6人で公演する『KYOTO SAMURAI BOYS~承~』が今月25日よりスタート。1ステージ約10分間の高密度なパフォーマンスを1日約8回上演。