大人気ゲーム『ポケットモンスター』の新企画が5日、発表された。Google検索の投票機能を利用しシリーズ最新作『ポケットモンスター ソード・シールド』までに登場した全ポケモン890種類を対象とする初の投票企画『ポケモン・オブ・ザ・イヤー』を世界同時開催することを発表し、同日から実施をスタートさせた。

【投票画像】リザードン、フシギバナ…初代から新作まで投票可能

 1996年2月27日にシリーズ第1作目『ポケットモンスター 赤・緑』が発売されて以降、さまざまなコンテンツが展開されてきたが、今回は世界中のポケモントレーナーがお気に入りのポケモンへ投票をしてもらい、この1年で最も愛されたポケモンを決定する。

 投票対象となるポケモンは、最初に登場した地方ごとに8つのカテゴリに区分されており、1つのカテゴリにつき1匹を選んで投票することができます。投票は1日1回まで、8つのカテゴリに1票ずつ(最大8票)を毎日投票することができる。

 世界8言語で同時に投票を受け付け(※日本語、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、韓国語、繁体字)投票対象は『ポケットモンスター ソード・シールド』までに登場したポケモンたち。

 参加方法は、5日から14日までの期間、Googleアカウントにログインした上で、Google 検索にて「ポケモン 投票」を検索。検索結果に表示される投票画面にて、8つのうち投票をおこないたいカテゴリを選択する。そして、全国図鑑番号順に並んだポケモンのなかから1匹を選び、「投票する」ボタンをクリックする。

 なお、2016年に総勢720匹のポケモンを対象とした『ポケモン総選挙720』を実施していたが、シリーズ最新作まで対象とした投票企画は今回が初となる。