声優の櫻井孝宏、俳優の高杉真宙が6日、東京スカイツリーでコラボイベント『SKYTREE in MIDGAR FINAL FANTASY VII REMAKE』の初日PRイベントにゲストとして参加した。

【写真】黒カレーライスをぱくりと食べる櫻井孝宏

 櫻井はリメイク版『FINAL FANTASY VII』でクラウドの声を務める。スカイツリーから東京の街を見下ろした櫻井は「魔晄炉を探しちゃいますね」と笑顔を見せた。また、クラウドはどんな存在か問われると「設定だけで言えば、元ソルジャーで、神羅を抜けて、そこから幼なじみのティファの要請で『アバランチ』に参加。仕事感覚で請け負うつもりだったが、というストーリー。でも、実際にプレイした方はクラウドの人となりがわかっていると思うんですけど、リメイクによって新機軸になるような表現がある。みなさんが知っているクラウドを深く知る機会になる」と力説した。

 続けて「かっこいいですし、クールという言葉が似合う男ですが、かわいさもある。ストーリーを追うごとに彼の成長も見られる。ところどころ人間味がある。それが、かわいく見えたり、ユーモアがあるように見えたりする」とリメイク版での変化を明かしていた。

 『FF VII』の思い出を問われると「ゴールドソーサーが好きなんです。進めずにずっとゴールドソーサーで遊んでいるぐらい。コースターに乗ったり、観覧車もバレットと乗った。実際にプレイした記憶が残っているのはゴールドソーサー」と振り返り「音楽も好きでした。遊園地っぽい、楽しく華やかなキラキラとしたサウンドで」と懐かしんでいた。

 また、イベントには実物大のバスターソードが。実際に持った高杉は「自分もソルジャーになった気分。自分で持つ機会はない。自分が主人公になれたらなって思って持っていました」とにっこり。櫻井は「わかってはいたんですけど、あんなに大きいものなんだなと。ああいう大きな刀を扱えないとソルジャーになれないんだなと思った」とクラウドのパワーに驚いていた。さらに、コラボカフェで販売される「黒カレーライス」も実食。櫻井は「セフィロスを感じます」と笑わせつつ「カレーとしてもおいしいです!」と食レポしていた。

 同イベントはスカイツリーとリメイク作品の発売が決まっている世界的人気ゲーム『FINAL FANTASY VII』のコラボ。地上350メートルの展望デッキの窓ガラスを巨大スクリーンに仕立てた「SKYTREE ROUND THEATER」でオリジナル映像を上映するほか、同作の世界観を体感できる展示を実施する。きょう6日から4月22日まで。