YouTubeの登録者数は94万人を超え、元美容部員という立場を生かしたメイクテクニック解説が人気の“元美容部員の和田さん。”。彼女は自身のことを「もともと一重で、いわゆるお化粧が得意な女子高生とか、トレンドをつかむのが上手い子とか、そういう人とは真逆の世界にいた。コンプレックスの塊だった」と語る。一時は整形を考えるほど思い悩んだが、すべてメイクで解決してきたという彼女に好印象メイクの秘訣を聞いた。

【写真】自力でクセをつけ二重に…元美容部員の和田さん。美容部員風ショットからプライベートまで

■新生活に向けてコスメを揃えるなら、リキッドファンデーションとハイライト

 美容部員時代は使えるお金も限られていたし、アイテムの使い方も知らなかったので、すごく視野が狭くなっていました。唇が分厚いとか、一重を二重にしたいとか、肌の色味がイエローベースでちょっと暗いとか…そういう自分のコンプレックスにただ負かされていたんです。だから「解決する手段はもう整形しかない!」って思い込んじゃっていたんですけど。色々なメイク方法やアイテムを知れば知るほどメイクだけで変われるし、美に対して素敵だなって思える範囲が広がっていったんですよね。

 春先にかけて、進学、就職、転職などで環境がガラリと変わる方も多いと思いますが、やっぱり新生活ではどれだけイイ印象を持たせることができるかってすごい大事。印象といっても、ただ“かわいい”とか“きれい”といった表面のイメージではありません。その人をパッと見たときに、「余裕のある生活を送っていそうだな」とか「健康的そうだな」と思ってもらえるメイクをすべきです。

 簡単に言えば、肌がきれいに見える、血色がよく見えるメイク。ファンデーションや下地をいくつも使って肌を作り込むというよりは、いかにナチュラルに明るい感じを作れるかを考えます。「目の印象を変えたい、トレンドの色を意識しようとアイシャドウやリップを揃えたくなってしまう」という人も多いと思うんですけど、今後の転機に向けてコスメを揃えるなら“リキッドファンデーション”と“ハイライト”。逆にこっちにお金をかけるほうが建設的です。自分の肌をいかにきれいに見せるかをまず考えましょう。

 
 とはいえ、ファンデーション選びって難しいですよね。いっぱいあるし。なので、今持っているリキッドファンデーションに、クリームハイライターを1個プチプラでもいいので用意していただいて。顔の高い部分にホントにちょっと、指でポンポンと足すだけでもいい。新たな門出の日って、やっぱりメイクにも気合が入った方が多いと思うんですね。そんななかで、ちゃんと光によってツヤ感とヌケ感があって、ちょっと余裕が見える感じがいいなと思う。光のコントロールで、めちゃくちゃ印象は変わるので。

 ハイライターは粉よりもクリームタイプがオススメです。クリームの方がテクニックいらず。粉のハイライターだとマットな質感になり、大人っぽさが出てしまうので。プリっとした“新人っぽさ”や“新生活っぽさ”は、クリームタイプのハイライターのほうが出るんじゃないかな。

 クリームハイライターのオススメは、プチプラだったらキャンメイクの「クリームハイライター」。デパコスならシャネルの「ボーム エサンシエル(トランスパラン)」。

 これまで私は、あまりハイライター使用してこなかったんですが、最近目覚めて。使ってみると、めっちゃ生き生きするんですよ肌が。生き返るというか。でもプチプラのハイライターはどうしてもパールの粒が大きいものも。なので化粧下地を塗った後とか、早めの段階で仕込んでおいて、その上からリキッドファンデーションを重ねるようにするといいと思います。シャネルのトランスパランは昨年本当に人気コスメとして名が挙がっていましたよね。これは逆にすごく細かくてきれいなパールなので、メイクの最後にチョンと乗せていただくだけで大丈夫です。

 リキッドファンデーションのオススメは、ナチュラグラッセの「スキントリートメント」。美容液に色が付いているような感覚で、粘度が強いテクスチャーです。ねっとりするぶん、塗り込むと肌にぴったりと密着して、ツヤがめっちゃきれいに出る。プチプラだと、ケイトの「シークレットスキンメーカー ゼロ」がいいです。しっかりカバーできるんですが、厚塗り感がないのでオススメです。

 メイクに加えてプラスアルファで印象を良くするもう一つの方法は、カラーコンタクトにチャレンジすること。新しい出会いがあったり、新しい環境に変わる時期こそ、カラコンを付けてみてください。既存のカラコンのイメージは、若い子だけがつけるもの、目を大きくするためのものでした。しかし、今は“盛る”だけではなく、目に自然な透明感を与えてくれるものも増えているんです。

 カラコンを選ぶ際に重要なのは「いかに馴染んでいるか」ということ。それは自分の価値観で決めるのではなく、他人から見たときにそう思わせることができるかがポイントです。逆にNGなのは、目の大きさや色を簡単に変えてしまえるもの。

 これまでは、いかに瞳の色を変えるか、黒目を大きくできるか、ということをカラコンに求めがちでした。でも、新生活では、あえてギャップが少ないものを選んだほうがいい。無理をせずに、自分に自信を持てることが理想です。

■「コンプレックスを活かすならどんなメイクをするかをまずは考えてみる」

 人って、とにかく自分の顔を憧れの誰かと比較して、違うところをコンプレックスだと思いがちじゃないですか。「なんであの人みたいに、○○じゃないんだろう」とか。でも、これまでにお会いしてきた美しい人たちを見ていると、自分のパーツをいかに魅力的に見せるかということしか考えていないんです。

 私もコンプレックスや悩みは尽きないんですが、逆にそれを活かすとしたらどんなメイクをするか、コンプレックスが魅力的に見える方法は何か。そこに向き合って考えるようになって、徐々に自分の気に入らない部分も受け入れて変わることができました。

 肌色が暗いんだったら、肌が暗くてもきれいな人って誰だろう? と考えてみる。自分がコンプレックスだと思っているところを同じように持っているのに、きれいな人っているじゃないですか。そこに行くためにはどうしたらいいのかを考えたほうが、絶対に近道だと思います。そういう考え方をYouTubeの動画の中でも伝えていけたら。

 これまで美容部員としてたくさんのお客様の美に対する考え方に触れて、「あぁ、お客様はいまこういう部分で困っているんだな」「こういうモノがあったら、救われるよなぁ」というアイデアがたくさんあります。もう少し活動して土台ができたら、コンプレックスを抱えてきた私だからこそできる、新しいことにチャレンジしていきたいです。