ビリー・アイリッシュの1stアルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』が、2月5日発表の最新「オリコン週間デジタルアルバムランキング」で週間売上0.5万DL(5,280DL)で、前週7位から1位に急上昇。自身初の1位となった。

【動画】兄との絆描いた新曲「everything i wanted」のMV

 さらにリードトラック「bad guy」は、「オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキング」でも、週間売上1.7万DL(16,564DL)で前週19位から5位に。また、「オリコン週間ストリーミングランキング」では、週間再生数264.8万(2,648,079回)で前週18位から6位にランクアップし、それぞれ初のTOP10入りを果たした。

 本作『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』は、2019年3月に発売されたアルバムで2019/4/8付にて22位に初登場。リードトラックの「bad guy」が2020年1月期のドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(読売テレビ・日本テレビ系)の主題歌に起用されたところから、じわじわと上昇。さらに、日本時間1月27日に行われた『第62回グラミー賞』にて、主要4部門独占し、5冠を達成したことによって注目され、1位を獲得した。
 
 なおビリー・アイリッシュは、9月2日に神奈川・横浜アリーナで単独公演の開催が決定している。

※「週間ストリーミングランキング」は、「2018/12/24付」よりスタート。
オリコン調べ(2/10付:集計期間:1月27日~2月2日)