アイドルグループ・夢みるアドレセンスが先月31日、渋谷TSUTAYA O-nestで4人体制となって初のワンマンライブを開催。新しい一歩を踏み出す瞬間を満員の観客が大歓声とともに見届けた。

【MV】夢アド新体制初楽曲「MAKIKNG THE NOTE」

 夢アドは昨年12月20日に初期メンバーを含むメンバー4人が卒業。翌日から新メンバー2人が加入し、山口はのん、山下彩耶、鳴海寿莉亜、白川蘭珠の4人で活動がスタートした。

 ライブはUKロックを彷彿とさせる重厚で爽快なギターサウンドのSEが始まると会場のボルテージも急上昇。メンバー登場すると、それぞれ名前を呼ぶ歓声が一段と大きくなった。そして1曲目「舞いジェネ!」からライブがスタートすると、現体制で初披露ということもあり、イントロが流れると同時に絶叫にも似た歓喜の声が響いた。

 新曲「ROMANTIC SPECIAL」の冒頭、「夢アド新体制行くよー!」と山口が叫びメンバーの気合も十分。コミカルなダンスとロックサウンドとファンのコールが重なって、自然と笑顔があふれる空間になっていった。

 MCでは一人ずつ自己紹介しながら、「これから、どんどんジャンジャン曲をやっていきたいと思いますー!」とファンに呼びかけ、白川がたどたどしく(?)新曲のタイトル「Ready Go Wake Up Baby」をコールして曲がスタート。ここから「ファンタスティックパレード」、「メロンソーダ」と怒涛のノンストップで会場は熱気を帯びていった。

 本編が大盛りあがりのまま終了し、アンコールでも4人はパワフルにパフォーマンス。最後の曲「MAKIKNG THE NOTE」は、新体制になったこの4人の未来へ進んでいく“決意”を表したメッセージ性の強い楽曲で、ファンもそれに呼応するように熱い声援を送る。そのままの熱量のまま、夢アド新体制初ワンマンは幕を下ろした。

 最後のあいさつで山口は「私、山口はのんは…、夢みるアドレセンスの…、新リーダーになりましたー!」とサプライズ発表。突然の発表に動揺したのか、山下は号泣しながらも山口に駆け寄り、鳴海、白川も囲むように抱きついた。ファンも大歓声で新リーダー誕生を祝福した。一呼吸つき山口は「初めてリーダーの話を聞いた時に、正直戸惑ってしまったんですけど…、やろう!って思ったのは…、リーダーにもいろいろな形があると思うんですけど、私はみんなで一丸となって切磋琢磨して夢に向かって進んでいきたいと思ったので!まだまだ頼りないと思いますが、みんな一緒に進んでいきたいと思います!よろしくお願いします!」と力強く語った。

 最後に「今年2020年はみんなで力を合わせて頑張ります!」と決意を述べ、全員で精一杯の感謝を笑顔でステージを後にした。新体制初シングル「MAKIKNG THE NOTE」は各配信サイトにてリリース中。