女優の真木よう子、上白石萌歌が5日、東京・渋谷のNHKで行われた特集ドラマ『ファーストラヴ』(22日 後9:00~10:59 BSプレミアムほか)の試写会に出席。「女子大生父親刺殺事件」の被告人・聖山環菜を演じた上白石は、役作りの一環で実際の裁判を傍聴し、「肉眼で手錠をかけられている人を初めて見て身震いした」などと明かし、作品を通して「学ぶことが多かった」と話していた。

【全身ショット】ブルーのワンピ姿で登場した上白石萌歌

 同ドラマは、第159回直木賞を受賞した島本理生氏の同名小説が原作。父親を殺した女子大生・環菜のルポを書くために、彼女と向き合うことになった公認心理師の真壁由紀。2人のやりとりを中心に繊細な女性心理を巧みに描き、目に見えづらい“心の闇”を臨床心理の視点からひもとく。由紀、環菜、弁護士の庵野迦葉(平岡祐太)、環菜の母・昭菜(黒木瞳)ら、それぞれが抱える心の闇が次第に明らかになっていくとともに、事件の真相が法廷で語られていく。

 上白石は、与えられた役を演じる際に、「自分の目で見たり、体験したりすることを大事にしている」という。今回、宮武由衣監督ら制作スタッフと一緒に初めて裁判所に行き、「(法廷の)空気感みたいなものを肌で感じて、撮影の時にはこうしようみたいなことを考えていました」と上白石。ほかにも「拘置所生活を送る方の日記を読んだり、自傷癖がある役だったので、自傷行為や心の病について調べてみたり、私自身の知識が増えたというか、自分で見たり調べていく中で彼女と向き合っていきました」。

 自身も過去に家族との問題を抱えながらも、それを乗り越え、公認心理士として働く由紀を演じた真木は「女性なら全員、どこかに共感できる」と本作の脚本を読んで感じたそう。由紀とその母、環菜と昭菜、母と娘の関係性を突くようなストーリーに、「子どもの頃を振り返ってみると、あの時のお母さんは許せない、あのひと言はひどかった、といった母親との確執は少なからず持っていて、それが何かこの作品でほんの少し出せるんじゃないか、作品なので、フィクションなので、その世界にズボッと入ってみたいような気がした」と、出演を決めた“動機”を告白。

「出来上がったドラマを観て、上白石さんと黒木瞳さんのお芝居がすばらしくて、(2人が演じた)母娘(おやこ)のどちらも救いたいと思ったし、役として、救いの手を差し伸べて、彼女たちが前を向いて生きていくその手助けになれたのなら、うれしく思います」と、やりがいを語っていた。

 上白石との共演については「本当の気持ちでぶつかると返してくれる。そこに信頼感がありました」。上白石も「真木さんの目に助けられました。面会室に仕切りがあることを忘れてしまうくらいの熱量というか、愛を受け取ることができた。感謝しています」と、お互いに称え合っていた。