人気アイドルグループ・乃木坂46の遠藤さくら(18)が、5日発売の『週刊少年マガジン』10号(講談社)の表紙に登場。乃木坂46の未来を担う美少女が、ソロ初表紙で光にあふれた美しさをたっぷり披露した。

【別カット】乃木坂46・遠藤さくら、光にあふれた美しさ

 2018年夏に開催された坂道合同オーディションで合格した遠藤は、昨年5月に行われた横浜アリーナでの4期生単独ライブでも大半の楽曲のセンターを任された期待の星。24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」では初めてセンターに起用された。

 加入からわずか1年でグループの未来のエースと期待されるが、今回のグラビアは等身大のリラックスした撮り下ろし。部屋の中で漫画を読んだり、大福を食べたり、公園でゆったり散歩するなど、ナチュラルな表情を見せながら、アップのショットでは息を呑むような美しさを発揮している。

 同誌の公式ツイッター【@shonenmagazine1】インスタグラム【@shonenmagazine.kousiki】では、アザーカットを公開中。同号の巻頭カラー漫画は、連載200回を迎えた『ダイヤのA actII』(寺嶋裕二)。

【写真】撮影:YOROKOBI スタイリング:武久真理江 ヘアメイク:住本彩 デザイン:松本麻美(GROSVENOR design)