昨年2月に上演された舞台『機動戦士ガンダム00』の続編が、今年7月17日から26日まで東京・新国立劇場で上演されることが発表された。全14公演予定。

【写真】刹那、ロックオン…完全再現したキャストのビジュアル

 同作は、『機動戦士ガンダム』シリーズの1つで、2007年10月に放送されたテレビシリーズ。西暦を採用し現実世界から300年後を舞台にしたことで、リアリティーある世界観と緻密な人間関係を生みだした物語で話題となった。17年に10周年を迎え、さまざまな形で展開し続けている。

 昨年上演された舞台は、演劇ならではの熱を肌で感じることのできる演出方法でアニメの世界観を表現し、舞台オリジナルの要素を盛り込んだ物語とアニメキャラクターがそのまま表れたようなキャストの演技が話題に。その続編となる舞台『機動戦士ガンダム00 破壊による覚醒 Re:(in)novati on』は、新たなキャストを加え、壮大なストーリーを紡いでいく。

 チケット前売り券は、ガンダムファンクラブ先行できょう4日から24日まで販売。価格は全席指定で8900円(税込)。