米俳優ハリソン・フォードが主演する映画『野性の呼び声』(2月28日公開)の特別映像が解禁された。「スター・ウォーズ」シリーズでアウトローの運び屋、「インディ・ジョーンズ」シリーズでは冒険家の考古学を演じてきたハリウッドの名優が、本作で演じるのは、地図にない地を目指し旅する男ソーントン。奇跡の名犬バックと出会い、言葉の壁を超えた友情と冒険を描いた本作について、ハリソンは「互いに命を預けた関係だから最強の相棒になれる」と熱く語っている。

【動画】ハリソン・フォードが語る『野性の呼び声』特別映像

 本作では危険すぎる地上最後の秘境カナダ・ユーコン準州でたったひとり、未開の地を求め旅するソーントンと、温暖なカリフォルニアでペットとして育ち、数奇な運命によって犬ぞりを引くことになる奇跡の名犬バックの出会い、そして友情で結ばれ“最強の相棒”となった2人がさらなる未開の地を求め“最高の冒険”へと旅立つ姿が描かれる。

 主演を務めるハリソン・フォードは本作について、「家族の絆の物語であり、過酷な運命を乗り越えたものたちが愛を見つける。(ソーントンとバックは)互いに命を預けた関係だから、最強の相棒になれるんだ」と、本当の居場所を求め、過酷な旅を続ける2人が出会い、互いに唯一無二の関係となってゆく“言葉の壁を越えた絆”の物語について語っている。

 本作の監督であり、『ライオン・キング』『アラジン』『美女と野獣』など様々な名作ディズニー・アニメーションを生み出してきた名クリエイターであるクリス・サンダース監督は、「彼らの生命力と忍耐力には何度も驚かされる。ふたりの熱い友情に誰もが感動するはずだ」と、過酷な大自然の中で懸命に生き抜こうとする、人間と犬の育む奇跡の友情に敬意を表している。