女優の中谷美紀と池田エライザが4日、都内で行われたNetflixオリジナルシリーズ『FOLLOWERS』ワールドプレミアに登壇した。写真家・蜷川実花が監督を務める初のドラマシリーズで、中谷は蜷川をモデルとした主人公・奈良リミ役に挑戦。「ある意味、誰でもカメラマンになれる時代に実花さんは実花さんにしか撮れない写真を撮ってらっしゃる」とリスペクトを胸に、女優志望のなつめ役の池田の撮影も行ったそう。「『かわいいな、キレイだな』とほとばしる情熱を一瞬たりとも逃したくないと思いながらエライザちゃんにカメラを向けました」と手応えをみせた。

【動画】演じた役について語る池田エライザ

 さらに「被写体へのアツい思いを大切に撮らせていただきました」と語る中谷は、劇中では共演の夏木マリのことも撮影。「夏木マリさんの生き様そのもの、人間としての夏木マリさんのフォロワーでいたいと思わせてくれるようなシーンがあったのですが、そのシーンでは緊張して手が震えるような思いでマリさんを見つめていました」と感慨深げに振り返った。

、女優になりたい夢を持って上京するも芽の出ないなつめ役を演じた池田は「なつめという女の子はある種、なりたくてもなれなかった女の子。私なら、あんなに憤ったときにストレートに言葉を言えない。なつめはすぐに言える。私は言葉を選んでしまったりうまいことやろう、器用にやっちゃうところがある。なつめの武器がないからこそ素手でラスボスにかちこみに行くようなタフさに影響を受け続けていました」と役柄への憧れを告白した。

 完成した作品に池田は「衣装も美術、蜷川実花監督らしいきらびやかさもあるんですが、蜷川実花が人間を本気で撮ったらこうなるっていうのが見れるって作品。人間と人間がぶつかって、転がったり落ちるところまで落ちたり、その美しさがみなさんの心に突き刺さるように、私達も恥を捨てて演じました。恥は捨ててますので!」と自信たっぷりに呼びかけた。

 この日はほかにも板谷由夏、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、上杉柊平、金子ノブアキ、ゆうたろう、蜷川監督がドレスアップして参加した。