東京2020組織委員会は、東京2020大会の公式文化プログラム『東京2020NIPPONフェスティバル』共催プログラムとして「大相撲 東京2020オリンピック・パラリンピック場所」を行うことを採択。きょう4日に東京・両国国技館で会見を行い、同所で8月12日と13日の2日間にわたって行われることが発表された。

【写真】貴景勝、白鵬ら力士が登場!

 同場所は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を機に、世界中から日本文化への注目がより一層集まる中で、日本文化の象徴である大相撲のイベントを、『東京2020NIPPONフェスティバル』の共催プログラムとして開催。各日にトーナメント形式の対戦や力士とのふれあいなどが行われる。

 会見に出席した日本相撲協会の八角信芳理事長は「この期間、世界中の目は東京に注がれ、日本の文化が注目を浴びることになります。日本の文化、伝統である大相撲を体感していただければ幸いです。この場所を通して世界との友好、親善に寄与できれば…」とあいさつ。力士を代表して、鶴竜が流ちょうな英語で「全力士が全力で取り組み、みなさまをおもてなししたいと思います。世界中から多くの方から起こしいただくことを心よりお待ちしております」と呼びかけた。