EXILE TETSUYAが4日、都内で行われた「アメージング チョコモ~モ~ THE SECOND」発売記念プレス向け発表会に登場。バレンタインを意識して発売したことから、自身の「甘い、苦い思い出」を聞かれると「昔は学校に行って引き出しを開けると(チョコが)入っているみたいな。小学校5~6年生の時はすごい入っていて『俺ってモテるんだな~』と思って!」と笑いつつも「中学に入った途端、パタリとなくなった…」と嘆いていた。

【全身ショット】スタイリッシュなエプロン姿を披露したEXILE TETSUYA

 中学に入学してモテなくなった理由は「中学に入ると、(女子が)先輩に憧れるみたいな。先輩に私に行くのが常識みたいになるので、僕のところに全然来なくなった。『あ、俺ってモテないんだ…』と。1年、2年でガックリ感じました」苦笑い。

 しかし自身が中学3年生になると「あ、中3になったら、ちょっと回復した!」と喜びつつも「ただ、高校になると、ほぼほぼ男子高でしたので『(女子)いないじゃん…』みたいな…」と笑いを誘った。

 TETSUYAプロデュースのアメージングコーヒータイアップ商品の第3弾となる今回の商品は、厳選したチョコレートと相性の良い「エチオピア」「コロンビア」のカフェインレスコーヒーと風味と上品な甘みのダークチョコレートにホットミルクを混ぜたもので、カフェインレスコーヒーとなるため子どもでも楽しめる。

 飲む場面について聞かれると「バレンタインシーズンなので義理チョコに使っていただけたら。本命になっていただけたら一番うれしいですよね。『本命だから』と言われてもらったら胸キュンしちゃいます」とアピール。自身がプロデュースした第3弾の商品ということで「プロデューサーが板についてきたように見えます」と褒められると「エプロン(姿)が慣れてきました」と照れていた。