サンリオは3日、NHKで1970年から20年間放送された幼稚園児・保育園児向けの造形教育番組『できるかな』と、『おかあさんといっしょ』内の人形劇コーナーで、1982年から10年間放送された『にこにこ、ぷん』のキャラクターを同社がアレンジする“サンリオデザインプロデュース”の展開が決定したことを発表した。

【写真】『できるかな』のノッポさんと相棒のゴン太くんもサンリオ化

 『できるかな』が今年放送開始50年、『おかあさんといっしょ』が昨年放送開始60周年を迎えた。 NHKの番組で活躍したオリジナルキャラクターをサンリオがデザインプロデュースすることは今回が初めてとなる。番組を見ていた20代後半から30代の女性に向けた商品展開を予定し、ライセンシー企業を募集している。

 『できるかな』のサンリオデザインプロデュースは身近なものを駆使して作品を披露するノッポさん(高見のっぽ)と相棒のゴン太くん、そして工作するときに使う道具をデザイン。ノッポさんとゴン太くんの可愛らしさを表現したものと、クラフトペーパーの上に色数をおさえシンプルに表現した2つがデザインされた。

 『にこにこ、ぷん』のサンリオデザインプロデュースはウラオモテ山猫の「じゃじゃ丸」、ふんボルトペンギンの「ぴっころ」、ネズミの「ぽろり」の3人を可愛らしくデザイン。さらに3キャラクター以外にも番組に欠かせない存在だった、「かしの木おじさん」や「はなばなガールズ」もデザインしている。色味を淡くシンプルに表現したものとトレンドのレトロな世界観をポップに表現したデザインなど展開されるほか、キャラクターの放送 当時の世界観をそのままデザインしたものもある。

■『できるかな』
 NHK教育テレビで1970年から90年まで放送されていた幼稚園・保育園向けの造形教育番組。主人公のノッポさんが、身近な素材を使って色々なもの(服、海、お化け、ロボット、乗り物、動物、家など)を作って、相棒のゴン太くんを驚かせたり、ゴン太くんと一緒に遊んだりする内容でテレビの前の子供たちから絶大な人気を得た。
・ノッポさん
 すらっと背の高い不思議なヒト。チューリップハット、サスペンダー、そしてパンタロンがトレードマーク。相棒のゴン太くんとは以心伝心の間柄。華麗なダンスを踊りながら身近な素材でいろいろなものを作り、世に送り出した。
・ゴン太くん
 いつもノッポさんと一緒にいる「けものでもなく、人でもない」不思議な生き物。工作のお手伝いをしたり、お店のお客さんになったり、食いしん坊で時にはイタズラもするけれど、ノッポさんといつも一緒の大事な相棒。

■『にこにこ、ぷん』
 1982 年から92年まで『おかあさんといっしょ』内で放送された人形劇。「にこにこ島」を舞台に、じゃじゃ丸、ぴっころ、ぽろりの3人が、ともに笑い、ときにはけんかをして泣き、またあるときは冒険をしたりする、勇気と友情あふれる物語。『おかあさんといっしょ』は59年に放送開始した、在宅幼児(1~3歳)を対象とする番組で、対象幼児の発達に合わせてぬいぐるみ人形劇、うた、たいそう、アニメなどで構成されている。
・じゃじゃ丸
 フルネームは「ふくろこうじ ・ じゃじゃ丸」。ウラオモテ山猫の男の子。「ごろにゃ~ご~」、「 オッス! 」、「おいら」が口癖。力持ちで性格は親分肌の野生派。
・ぴっころ
 フルネームは「ふぉるてしも・ぴっころ」。ふんボルトペンギンの女の子。「ピッコピッココロコロー」が口癖。おしゃべりとオシャレが好き。夢は最初に空を飛んだペンギンになること。
・ぽろり
 フルネームは「ぽろり・カジリアッチIII世」。ネズミの男の子。「ぼくは海賊なのだぁ~。海の男なのだぁ~」とうたうことが口癖。お勉強が得意で人にものを教えることが好き。おばけやピーマンが苦手。
・かしの木おじさん
 樹齢200年のかしの木。博識でやさしく、島の生き字引的存在。普段は鼻ちょうちんを出して居眠りをしているが、いったん目をさますと、きわめて頼りになるおじさん。
・はなばなガールズ
 ケシ科の珍種らしき歌う花たち。状況説明から時間経過にいたるまで、なんでも歌ってしまう。