俳優の池松壮亮が『第41回ヨコハマ映画祭』の主演男優賞を受賞し、2日に神奈川県内で行われた表彰式に出席。2年ぶり2回目の受賞となった池松は、映画で共演した女優の蒼井優やスタッフへ感謝の言葉を述べた一方、ブラックジョークで会場の笑いを誘った。

【受賞者写真】小松菜奈、山田杏奈、瀧内公美ら女優陣が登場

 映画『宮本から君へ』で、人生負けっぱなしだが情熱だけは半端ない熱血営業マン・宮本浩を演じた池松。受賞のスピーチで「感謝したい方はたくさんいるが、何よりヒロインの蒼井優さん。本当に芯が美しくて、しなやかで、意志が強くて。真実を探求することを諦めない、恐れない素晴らしい女優でした」とべた褒めで謝意を示した。

 また真利子哲也監督とは撮影中に何度も議論を交わしたエピソードを紹介。「今となっては笑い話ですけど、お互いに譲れない部分を夜な夜なぶつけあった。それで1週間、口を聞かなかったりとか(笑)。それで『この映画はだめだ』と周りに思わせてしまっていた。諦めの悪い自分にずっと最後まで向き合ってくれて、愛情を最後まで注いでくれた」と思い出を振り返った。

 今年30歳になる池松だが、「あきれるほど苦しかった20代が終わってくれてすごくすっきりしてます。20代はたくさん日本映画に助けてもらったので、30代はもう1ギア上げていこうと思います」と現在の心境を吐露。最後、目標を問われ「不倫とか、薬物とか…、そこはトロフィー握りしめて耐えしのぎたいと思います」と受賞の喜びを混じえつつ独特の表現で語り、会場を沸かせた。

■『第41回ヨコハマ映画祭』の主な受賞結果は以下の通り。
作品賞:『火口のふたり』(荒井晴彦監督)
監督賞:石川慶監督『蜂蜜と遠雷』/今泉力哉監督『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』
森田芳光メモリアル 新人監督賞:片山慎三監督『岬の兄妹』
脚本賞:阪本順治『半世界』
撮影賞:四宮秀俊『宮本から君へ』『さよならくちびる』
主演男優賞:池松壮亮『宮本から君へ』
主演女優賞:門脇麦『さよならくちびる』/小松菜奈『さよならくちびる』
助演男優賞:成田凌『愛がなんだ』『さよならくちびる』
助演女優賞:池脇千鶴『半世界』
最優秀新人賞:瀧内公美『火口のふたり』/鈴鹿央士『蜂蜜と遠雷』/杉田雷麟『半世界』/山田杏奈『小さな恋のうた』
特別大賞:荒井晴彦