俳優で歌手の山崎育三郎が1日、自身最大のライブツアー『山崎育三郎LIVE TOUR 2020“MIRROR BALL』(10ヶ所10公演)の東京公演をTOKYO DOME CITY HALLで開催した。

【ライブ写真8点】ド派手衣装で熱唱 ダンスにピアノに多才な山崎育三郎

 今回のツアーは「タイムトラベル」がテーマ。1960年代~2010年代を行ったり来たりする映像をふんだんに使いながら、山崎とバックを固めるミュージカル俳優チームが一丸となって、歌、ハーモニー、ダンス、ピアノ演奏に加え、衣装十変化で育三郎ワールドに巻き込む。

 セットリストは昨年7月にリリースしたアルバム『MIRROR BALL’19』の楽曲を中心とした選曲。ダンスで魅せる曲あり、しっかりと聴かせるバラードあり、アカペラありと多彩なパフォーマンスで観客を酔わせた山崎は「『MIRROR BALL’19』の世界観を自分なりのエンターテインメントにしたライブで皆さんが喜んでくれてよかったです。残りのライブもしっかり走り切りたいと思います」とあいさつした。

 ツアーは残すところ、2月8日の静岡・焼津文化会館、2月15日の栃木・足利市民会館の2公演。ともにチケットは完売している。