アイドルグループ・日向坂46は31日、新型コロナウイルスの影響を考慮し、2月1・2日の両日に都内で予定していたイベントと握手会の開催を延期することを公式サイトで発表した。前日の段階では、メンバーも来場者もマスク着用必須で開催することを告知していたが、刻々と変わる状況を鑑みて延期を決めた。

【ライブ写真】念願の東京ドーム公演発表に感極まる日向坂46

 運営会社は公式サイトで「本日新型コロナウイルスに関してのWHO(世界保健機関)の緊急事態宣言、日本政府による『指定感染症』2月1日(土)施行など被害の拡大に対する報道を受けて、協議の結果、お客様ならびにメンバー、スタッフの健康と安全を考慮し、両イベントを延期とさせて頂きます」と報告。

 日向坂46は、3rdシングル「こんなに好きになっちゃっていいの?」(昨年10月発売)のリリースを記念し、2月1日に都内(場所は当選者のみに通知)でスペシャルイベントを、翌2日に東京ビッグサイトで個別握手会を開催予定だった。振替に関しては「ファンの皆様に安全に楽しんで頂ける時期が来るまで準備を進めて参りますので、改めてオフィシャルサイトにてご案内申し上げます」としている。

 また、SKE48とNMB48も2月2日に大阪・インテックス大阪で予定していた握手会の延期を発表。それぞれ「社会的影響や参加メンバーの心身に及ぼす環境、日本国内においてマスクや消毒液等の衛生商品が不足している状況等を鑑み、万全なイベント運営が見込めない」(SKE48運営)、「今週末の開催は、万全なイベント運営が見込めない」(NMB48運営)と判断し、延期を決めた。AKB48はすでに前日、大阪・インテックス大阪で行う予定だった大握手会の延期を発表している。

 3月いっぱいで解散を発表しているハロー!プロジェクトのこぶしファクトリーは、2月1日に愛知・エアポートウォーク名古屋で予定していたラストシングル「青春の花/スタートライン」(3月4日発売)発売記念握手会の中止を発表。ミニライブパフォーマンスのみ行われる。アンジュルムは2月1日に東京・泉ガーデンギャラリーで開催予定だったチェキ撮影会、お絵描き会、一日店長全員スタンプ会、個別握手会、サイン会を延期した。