昨年ヒットしたアニメ映画『天気の子』主題歌で話題を集めた女優の三浦透子が1日放送の日本テレビ系連続ドラマ『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―』(毎週土曜 後9:00)第4話にゲスト出演することがわかった。三浦は緊急搬送された記憶喪失の女性患者(中尾ミエ)の娘、千春役として脳外科医・西郡(永山絢斗)の抱える“痛み”の正体に深くかかわってくる重要な役どころを演じる。

【写真】天海祐希との共演シーン

 女優・天海祐希が主演する同ドラマは、脳外科を舞台にわずか0.1ミリの手元の狂いが患者の生死を分けるプレッシャーから常に完璧を求められ、手術はすべて成功して当たり前という最高の医師(トップナイフ)たちがそれぞれに抱える秘密と爆弾を巡る群像を描く。女帝・深山瑤子(天海)率いる脳外科チームのひとりが西郡。彼もまたなにか秘密を抱えているようで…。

 それぞれのドクターたちの真実が徐々に明らかになってゆく第4話では深山たちは救急搬送された記憶のない女性患者(中尾ミエ)の身元特定に頭を抱えていた。名前もわからず家族に連絡もできないなか、複雑な表情を浮かべていた西郡は、女性患者と自分の関係を告白する。

 患者の娘・千春によると、女性心臓外科医の第一人者だった患者・喜和子は2年前に脳腫瘍を発症。誰もやりたがらない難手術を西郡が執刀した結果、記憶をなくして徘徊を繰り返すようになったという。手術のミスのせいで喜和子の人生が台無しになったと千春は西郡を責め、さらに、喜和子の意外な正体が明らかになる。

 そんな中、60代の男性・山口清(本田博太郎)が幼なじみの内田正(綾田俊樹)に付き添って病院を訪れる。記憶が3分しかもたず、自分が33歳だと思い込んでいる内田。彼を親身に世話する清だが、なぜかバッグの中には包丁を隠し持っていて…。