『第75回ヴェネツィア国際映画祭』(2018年)でコンペティション部門唯一の女性監督作品として注目されながらも、そのあまりにも過激で衝撃的な内容が物議を醸したジェニファー・ケント監督の映画『THE NIGHTINGALE』が邦題『ナイチンゲール』に決定。3月20日に東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで公開される。

【動画】映画『ナイチンゲール』予告編

 同作は、英国植民地時代のオーストラリアを舞台に、夫と子どもの命を残虐な将校らに奪われた女囚クレアの復讐の旅を描くリベンジ・スリラー。処女作『ババドック 暗闇の魔物』が高い評価を浴びたジェニファー・ケント監督は、本作をただのジャンル映画の枠に留まらせることなく、人間の暴力性と差別の問題に鋭く切り込み、流刑地における女性虐待と植民地化によって人口の90%が失われたと言われる、先住民アボリジニの迫害の歴史を赤裸々にえぐり出す。

 リアリズムとバイオレンスで描かれる、奪われし者たちの怒りと哀しみの物語は各国の映画祭で絶賛され、本年度のオーストラリア・アカデミー賞では作品賞、主演女優賞ほか6部門の最多受賞を決め、米アカデミー賞の前哨戦となるナショナル・ボード・オブ・レビューのトップ10映画にも選出された。本作でジェニファー・ケント監督の名声はさらに高まり、マーベル映画への起用も噂されるなど、ハリウッドで最も注目される監督の1人となっている。

 主人公クレアを演じるのは人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のリアナ・スターク役でおなじみのアイスリング・フランシオシ。オペラ歌手でもある彼女が劇中で歌うアイルランド民謡は、観る者の胸に美しく切なく響き渡る。また、クレアからすべてを奪う残忍な将校役を『あと1センチの恋』のサム・クラフリンが熱演している。

 クレアの悲しみと怒りにみちた強い眼差しを横切る夜鳴き鶯(ナイチンゲール)の鮮烈なメインビジュアルは、アメリカの有力な映画メディアの一つである「インディ・ワイアー」において “2019年のベスト・ポスター”の中の1本に選ばれている。また、予告編では、かつてイングランドに対する抵抗歌として歌われたアイルランド民謡「シューリ・ルゥ」のメロディに乗せて、将校らの理不尽な暴力によりすべてを奪われ復讐を誓うクレアが、アボリジニの青年ビリーと共にタスマニアの森をさまよい、加害者たちを刻々と追いつめていく手に汗握るサスペンスが描かれている。