合成麻薬のMDMAとLSDを所持したとして、麻薬取締法違反の罪で起訴された女優の沢尻エリカ被告(33)の初公判が1月31日、東京地裁(瀧岡俊文裁判官)で開かれた。起訴内容を認めた沢尻被告に対し、検察側は1年6月を求刑した。弁護側は執行猶予付きの判決を求めた。

【写真】大胆ドレスで美背中を披露した沢尻エリカ スラリ美脚も

 黒のスーツに白のワイシャツ姿で入廷した沢尻被告。髪をポニーテールでまとめ、赤い口紅をしていた。自身の職業については「無職です」と答えた。

 弁護側は、沢尻被告が薬物の入手経路や保管場所などを自ら供述しており、捜査に協力的だったと説明。執行猶予が再犯を予防する反面、社会復帰を困難にする恐れがあるため、適切な執行猶予期間とするよう訴えた。

 最終意見陳述で沢尻被告は「全力で更生することが唯一の償い。二度と繰り返さないように必ず立ち直っていきたい」と裁判官を見据え、ハッキリとした口調で語った。

 起訴状によると、沢尻被告は昨年11月16日、目黒区の自宅マンションで、カプセル2錠に入ったMDMAの粉末0.198グラムのほか、LSDを含んだ紙片と液体計0.685グラムを所持したとされる。一部報道によると、沢尻被告はいずれの麻薬も元交際相手のファッションデザイナーの男性(共同所持容疑で逮捕、不起訴)から受け取ったと説明しているという。

 初公判は一般傍聴席19席を求め、2229人が列を作った。倍率は約117倍だった。

 沢尻被告は昨年11月16日に逮捕、12月6日に保釈された。所属事務所のエイベックス・マネジメントは今月30日、沢尻被告の近況について「医療施設において専門家の指導の下、更生にむけて治療などに励んでおります」と報告している。逮捕の余波は大きく、現在放送中のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」にも出演予定だったが、代役が立てられ撮り直しとなっていた。