NHK・Eテレの音楽番組『ららら♪クラシック』(毎週金曜 後9:00~9:29)。31日放送分のテーマは「ミュージカルの金字塔『キャッツ』 ~ロイド・ウェバーの魅力に迫る~」。『キャッツ』のほかにも『エビータ』や『オペラ座の怪人』などのミュージカル楽曲を手がけた作曲家アンドリュー・ロイド・ウェバーは、“現代のモーツァルト”の異名をもつ。番組では、彼の音楽のルーツや、人々の心を打つ秘密をひも解いていく。

【収録風景】映画『キャッツ』より、名曲「メモリー」を披露する高橋あず美

 全世界累計観客動員数 8100万人、日本公演通算1万回を記録するなど、今なお世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔『キャッツ』は、昨年、映画『レ・ミゼラブル』(2012年)のトム・フーパー監督により実写映画化。日本でも24日より全国公開され、25日・26日の最初の週末の映画ランキングで初登場1位を飾った。世界的バレエダンサーのフランチェスカ・ヘイワード、グラミー賞受賞アーティストのテイラー・スウィフト、『ドリームガールズ』のジェニファー・ハドソン、名女優ジュディ・デンチらが個性豊かな猫たちを演じている。

 今回の実写映画版『キャッツ』で吹替版制作が許可されたのは日本含め2ヶ国のみ。番組では、日本語吹替版の音楽プロデュースを担当した蔦谷好位置、日本語吹替版キャストの俳優・森崎ウィンと歌手・高橋あず美が出演し、制作秘話を語るほか、名曲「メモリー」も披露される。収録後、森崎に番組の感想やミュージカルとのかかわりなどを聞いた。

 収録後の率直な感想は、「難しい漢字を使って話さないといけないのかな、と緊張していたんですけど(笑)、MCの高橋克典さん、石橋亜紗アナウンサーがあたたかく迎えてくださいました。音楽評論家の室田尚子さんのお話がすごく勉強になりました」。

 『キャッツ』の日本語吹替版では、オリジナル版と同等のクオリティーに仕上げるために、本国の制作チーム監修の下、歌唱力・表現力をチェックする厳しいテストが繰り返し行われ、吹替版キャストを選んだという。観客と同じ目線で『キャッツ』の不思議な世界を体験する主人公ヴィクトリア役を葵わかな、猫たちのリーダーであるマンカストラップ役を山崎育三郎。猫たちの偉大な長老であるオールドデュトロノミー役を大竹しのぶが務めている。

 番組ゲストの高橋は、名曲「メモリー」で魂の歌声を響かせるグリザベラ役。森崎はマジックが得意で気弱なミストフェリーズ役に抜てきされた。

 「昨年3月に、仕事でロサンゼルスに行った際、ちょうどLAでミュージカル『キャッツ』をやっていて、観に行ったんです。劇団四季の『キャッツ』を観たいと思いながらも、なかなか機会がなかったこともあって、LAで観たのが人生初『キャッツ』だったんですが、本当に圧倒されまして。年老いた劇場猫のガスの曲がすごく気に入りまして、『キャッツ、みたよ』ってインスタにアップしたんです。そのインスタを映画の関係者が見つけて、吹替版キャストのオーディションを受けませんか?と声をかけていただいたんです。ミュージカルの経験もなかったですし、無縁だと思っていたんですけど、まさかの吹替版キャストに決まって。世の中ってこういうことあるんですねっ(笑)」

■ミュージカルは「音楽が連れていってくれる」

 スティーブン・スピルバーグ監督の映画『レディ・プレイヤー1』(18年)でハリウッドデビューを果たし、最近は音楽が絡んだ作品に縁がある。ピアノコンクールに挑んだ天才たちの情熱と修羅を描いた映画『蜜蜂と電雷』(19年)ではピアニストを演じ、あす2月1日から上演がはじまるミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』の日本キャスト版Season2では主役のトニー役を射止めた(村上虹郎とダブルキャスト)。

 「映画『蜜蜂と遠雷』への出演が決まるまで、ほとんどクラシックに触れることがなかったんです。プロコフィエフって誰?って感じでした(セルゲイ・プロコフィエフ、ロシアの作曲家)。それでもどこかで聴いたことがあるのがクラシック音楽。実は、すごくキャッチーなところがあることに気づいて、難しそうで堅苦しいイメージがどんどん薄まって、スッと、自分の中に入ってくるようになりました。

 『キャッツ』の吹替版のアフレコは本当に難しくて。自分では感情を込めてせりふを言ったつもりでも、冷静に声だけ聴くとちっとも伝わってこない。プロの声優さんのすごさがわかりました。なので、『ウエスト・サイド・ストーリー』の稽古(けいこ)がはじまって、『全身で表現できるって、なんて、自由なんだ!』と思ってしまったんですよね。

 一方で、ミュージカルを演じるのは初めてだったので、芝居の途中からうまく歌に入れるか、不安だったんですけど、日本版の演出家が『ミュージカルは音楽が連れていってくれるから』とおっしゃっていて、最初、どういう意味かわからなかったんですけど、やってみるとその通りなんですね。自然と歌に入っていけるし、歌詞の中で感情の動きがあって、次の行動・シーンに繋がっていく。音楽が連れて行ってくれるってこういうことなんだな、というのを実感しながら稽古をしています」

 『キャッツ』やミュージカルのファンはもちろん、少しでも気になっている人には必見の今夜の『ららら♪クラシック』。森崎は「人に話したくなるような豆知識が満載です。すでに映画『キャッツ』をご覧になっている方もまだの方も、『ららら♪クラシック』をご覧になった後に、映画を観るとまた違った発見があって楽しんでいただけると思います」と視聴を促していた。