エイベックス・マネジメントは30日、自宅マンションで合成麻薬MDMAなどを所持したとして、麻薬取締法違反の罪に問われ、あす31日に初公判が行われる女優・沢尻エリカ(33)の近況について「現在、本人は、違法薬物所持の容疑で起訴されて以降、医療施設において専門家の指導の下、更生にむけて治療などに励んでおります」と報告した。

【写真】大胆ドレスで美背中を披露した沢尻エリカ スラリ美脚も

 書面では改めて謝罪の言葉とともに沢尻被告の近況を伝え「本人が入院している医療施設には沢山の入院患者様や外来患者様がおられ、それぞれ治療に 向き合っていらっしゃいますので、医療施設への取材、問い合わせにつきましては差し控えてくださいますよう、何卒ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます」とコメント。

 続けて「取材目的で、医療施設敷地内へのお立ち入り、駐車場のご利用はおやめくださいますよう何卒ご理解の程、よろしくお願い致します」と呼びかけている。

 沢尻被告は昨年11月16日、都内の自宅マンションで合成麻薬MDMAを所持していたとして警視庁が逮捕。同日中に湾岸署へ身柄を移送された。翌12月6日朝にはMDMAのほかにも合成麻薬LSDを染み込ませた紙片が自宅から新たに押収されたと報じられており、昼過ぎに東京地検が起訴。その後沢尻被告側の保釈請求が認められ、同日午後7時半前に東京湾岸警察署から釈放された。

■コメント全文
報道関係各位へのお願い

沢尻エリカがファンの皆様を含め関係各方面の方々には多大なるご迷惑とご心配をおかけしておりますことを改めてお詫び申し上げます。

現在、本人は、違法薬物所持の容疑で起訴されて以降、医療施設において専門家の指導の下、更生にむけて治療などに励んでおります。

本人が入院している医療施設には沢山の入院患者様や外来患者様がおられ、それぞれ治療に 向き合っていらっしゃいますので、医療施設への取材、問い合わせにつきましては差し控えてくださいますよう、何卒ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

なお、取材目的で、医療施設敷地内へのお立ち入り、駐車場のご利用はおやめくださいますよう何卒ご理解の程、よろしくお願い致します。

2020年1月30日
エイベックス・マネジメント株式会社