俳優の賀来賢人、岩田剛典(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS)が1月31日、都内で行われた大沢たかおの主演映画『AI崩壊』公開初日舞台あいさつに登壇した。良き兄貴分として現場スタッフやキャストを率いていたという大沢。撮影後には岩田と賀来をご飯に誘ったが「店のとり方を間違えてしまって。個室だと思ったら相席になってしまった。僕が遅れていったら、普通の団体客の横で二人が座っていた」と反省した。

【動画】賀来賢人&岩田剛典も困惑!大沢たかおとの食事会を語る

 「ご飯がおいしいんです。骨がついた塊肉のお店。キャスト・スタッフ別け隔てなく、現場の士気を底上げしてくれる」と尊敬の眼差しを向ける岩田に、大沢も「この映画を宣伝するときにも、このキャストのみなさんが頑張ってくれいて、岩田くんと賀来くんが『話をしたい』って。そんな事を言ってもらえることはあまりないので、この作品への思いを食事の場で聞いて、感動した」とうれしそうに話した。

 しかし予約ミスについては「本当に申し訳なかった」と謝罪。岩田は「大沢さんが来られたときに『本当にここの席で大丈夫ですか?』ってテンションになった」と苦笑交じりに振り返り、大沢は「一般の女性や団体の人たちの横に賀来くんと岩田くんが座ってた」と恐縮すると、賀来は「『大沢さ~ん』って」と大きく手を振るまねを再現して笑いを誘っていた。

 同作は2030年、AI(人工知能)は発達した日本を舞台に、全国民の個人情報、健康を完全に管理し、人々に欠かせないライフラインとなったAIが突如、暴走。年齢、年収、家族構成、病歴、犯罪歴から人間の生きる価値を選別し殺りくを始める。大沢はAI暴走テロの容疑をかけられた天才科学者・桐生浩介、AI暴走を食い止めようとする管理者・西村悟を賀来、桐生を追い詰める警視庁理事官・桜庭誠を岩田がそれぞれ演じている。

 逃亡者となる桐生を演じた大沢は、新米刑事・奥瀬久未役の広瀬アリスとともに貨物船や地下道、公道を封鎖しての大掛かりなロケによって生傷も絶えなかった。一方、「“インドア部”なので、賀来くんは57歩、岩田くんは3歩くらいしか歩いていない」と室内での撮影が多かった二人にチクリ。

 特に貨物船のシーンでは「戦った思い出が多い。鉄骨なので人とぶつかるシーンはケガしてく。膝や肩を思い切りぶつけるのでまだ痛みが続く」と過酷な撮影を振り返る大沢に、賀来が「僕は末端冷え性なので。結構セットが広くてめちゃくちゃ冷えるんです。そういう意味では寒さと長いセリフ…、そういう意味では大変だったかなと思うんですけど…」と顔色を伺うと大沢は「頑張ってもらったなって」とにっこり。賀来は「すいません…」と小声で申し訳無さそうにしていた。