<悪のカリスマ>ジョーカーの恋人として、映画『スーサイド・スクワッド』(2016年)で大ブームを巻き起こした“悪カワ”ヒロイン、ハーレイ・クインを主人公とする初の映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』(3月20日公開)の英ロンドンプレミアが現地時間29日(日本時間30日)、ODEON BFI IMAXで開催され、主演・プロデューサーを務めたマーゴット・ロビーをはじめ、キャスト・スタッフ陣が集結したレッド・カーペットイベントが華々しく執り行われた。

【動画】映画『ハーレイ・クイン』最新映像

 開場前からハーレイ・クインや、ハーレイを狙う新たなヴィランでユアン・マクレガー演じる“悪を牛耳るサイコな悪”ブラックマスク、そしてハーレイの元恋人ジョーカーなど、思い思いのコスプレをしたファンが大勢集まり、本作への注目度の高さが伺える。

 会場には色鮮やかなイエローカーペットが敷かれ、カラフルな装飾とともに本作のポップな世界観を表現。セクシーで天真爛漫というかクレイジーなのに、めちゃめちゃキュートでファッションアイコンとしても人々をとりこするハーレイが主人公の注目作とあって、世界中から多くのマスコミも詰めかけた。

 マーゴットをはじめ、劇中でハーレイが率いる個性豊かな“バーズ”のメンバー、ハントレス役メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ブラック・キャナリー役ジャーニー・スモレット=ベル、レニー・モントーヤ役ロージー・ぺレスらキャスト陣やキャシー・ヤン監督などを次々とカーペットに姿をみせると、カメラのフラッシュが一斉にたかれ、会場はいっそう華やかに盛り上がった。

 ファン1人1人に丁寧にサインをし、快く写真撮影にも応じたマーゴット。本作で描かれるハーレイについて、「私はコミックに描かれていた彼女に惚れ込んだのよ。コミックを尊重しているけれど、本作で描かれる彼女は今まで以上にクレイジーな箇所もあるの(笑)。皆さんが愛するおなじみのハーレイだけど、これまでとは全く違う世界にいるのよ。きっと楽しんでもらえると思うわ!」と興奮気味に語っていた。

 また、日本のファンに向けたメッセージにも応じ、「コンニチハ! 以前日本に行った時、ハーレイ・クインがとても愛されていると感じたので、本作を日本のファンに観てもらえるのがとても楽しみなの。皆さんに本作を楽しんでもらえますように。アリガトウ!」と、話していた。

 本作は、ジョーカーと破局して束縛から解放されたハーレイが、さらにクレイジーに覚醒する物語。モラルのない天真爛漫な暴れぶりで、街中の悪党たちから恨みを買っていたハーレイ。ひょんなことから謎のダイヤを盗んだ少女を守ることになり、やがて“バーズ”を結成。悪を牛耳る残忍で極悪な敵ブラックマスク(ユアン・マクレガー)との全面対決を迎える。