ベネディクト・カンバーバッチが世紀の発明王トーマス・エジソンを演じる映画『エジソンズ・ゲーム』の公開日が4月3日に決定、あわせて本予告映像と場面写真が解禁となった。

【動画】映画『エジソンズ・ゲーム』予告映像

 エジソンほどの天才にもライバルがいた。彼の名前はジョージ・ウェスティングハウス。〈頭脳でトップに立つクリエイター〉であるエジソンに対して、〈戦略で支配を広げるカリスマ実業家〉だ。この二人による壮絶なビジネスバトル〈電流戦争〉を描いた本作。アメリカ初の電力送電システムを巡る、エジソンとライバルたちの闘い<電流戦争>があったからこそ、現代の私たちは豊かな暮らしを送っている。そんな歴史の一大トピックを映画化。莫大な金が動く特許の争奪戦に、名誉をかけた裁判。その影で横行するスキャンダラスなネガティブキャンペーンと裏取引──超一流の天才たちによる、息もつかせぬ本気の闘いの全貌が今、明かされる。

 カンバーバッチは、世界的偉人エジソンのイメージを180度覆し、勝つためなら手段は選ばない、奇才のダークヒーローを怪演。対するライバルのウェスティングハウスを演じるのは、『シェイプ・オブ・ウォーター』のマイケル・シャノン。

 二人の対決の鍵を握る若き天才科学者二コラ・テスラを『女王陛下のお気に入り』のニコラス・ホルト、エジソンを支える助手インサルに『スパイダーマン』最新シリーズのトム・ホランドと、英国とハリウッドの美しき男たちが集結。

 予告映像では、電気の供給権を巡り、<直流>による送電方式を提唱する天才エジソンと、<交流>による送電方式を提唱する宿敵ウェスティングハウスの激しい攻防が収められている。冒頭から、敵対心をあらわにするエジソンとウェスティングハウス。そこにウェスティングハウスと手を組む新進気鋭の科学者テスラと、エジソンの助手インサルも加わり、白熱したビジネスバトルはより加速していく。

 アイディアを盗まれ怒鳴り散らす姿や、交流は危険だとあおるネガティブキャンペーンの実施など、我々がよく知る“偉人エジソン”とは大きくかけ離れた姿が衝撃的だ。だが、ウェスティングハウスも黙ってはいない。「そろそろ決着を付けようか」とエジソンに宣戦布告するや否や、「君の不正は掴んだ」と、不敵な笑みを浮かべる。<直流>のエジソンと、<交流>のウェスティングハウス。果たして未来を照らすのはどちらか。

 マーベル・シネマティック・ユニバースファンが歓喜しそうな、ベネディクト・カンバーバッチとトム・ホランドの“師弟”ショットや、弟子感全開のトム・ホランドのかわいらしい笑顔あふれる場面写真も新たに解禁された。

 本作は当初、ワインスタイン・カンパニーの作品として、2017年にトロント国際映画祭でお披露目し、全米公開される予定だった。しかし、共同創業者のハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ疑惑が発覚。同社は破産に追い込まれ、映画は公開延期を余儀なくされた。その後、ワインスタイン・カンパニーは買収され、新たな101 Studiosという配給会社により、昨年10月、全米公開が実現した。

 この復活劇に一役買って出たのは、巨匠マーティン・スコセッシ監督だ。トロント映画祭で披露された本編は、ワインスタイン・カンパニーの強い圧力によってまとめられた、製作陣にとって不本意なバージョンだったという。アルフォンソ・ゴメス=レホン監督の師匠で本作の製作総指揮であるスコセッシ監督は、それを完成版と認めず、製作陣による再編集を支援した。

 監督たちは、超多忙なスター俳優たちを集め、たった1日限りの再撮影を敢行。元のバージョンから10分を削り、新たに5つものシーンを追加したこん身の“ディレクターズ・カット”を完成させ、2年越しの全米公開にこぎつけた。4月3日の日本での公開が待たれる。