俳優の古川雄輝が、読売テレビほかで放送される連続ドラマ『LINEの答え合わせ~男と女の勘違い~』(2月1日スタート、毎週土曜 深0:58※関西地区)キャストトークショーに登壇した。“LINE”をモチーフにした同ドラマの第1話では“アイコン”がキーワード。古川は「僕は4・5年間くらい、誰かわかるアイコンにしてたんですけど…」と自分の写真に設定。しかし「(共演の)和田(正人)さんに見つかって筧(美和子)ちゃんに見せられて、『これはちょっと…』と。女性には不評なのかな」と変更したことを自虐気味に明かした。

【写真】キャスト登壇!古川雄輝、筧美和子ら出席

 
 WEBメディア『東京カレンダーWEB』の連載『LINEの答えあわせ』をもとに、東京を舞台に日々繰り広げられる男女の恋愛模様を、“LINEのメッセージ”を介して描くラブコメディー。劇中で登場人物の男女が送り合うLINEのメッセージを通して双方側からその意図や心情が明かされる…という作りになっている。この日はメインキャストの古川、筧のほか、眞島秀和、大西礼芳が参加。
 
 一方で「たまにニックネームとか猫とかトイプードルにしてると誰かわからないので、僕は絶対に顔が良いと思ってたんですけど…別の自分の写真に変えました」とあくまで“顔アイコン”にはこだわりをみせ、笑いを誘う古川。元の写真は「そこそこカッコつけてる…」と認めたが、眞島は「いや、かなり」とバッサリ。筧も「すでにかっこいいのに、アイコンまでってなると…」と遠慮がちに感想を語り、眞島は「カッコつけ度数が高ければ高いほど笑えちゃうよね」とうなずいた。

 普段から「僕はあんまり(LINEで)やりとりしない。僕は会う約束だけをLINEして会ってお話したい。次の約束とか以外はLINEしません。基本的にはグループLINEもスルーしちゃいます」という古川に加え、眞島と大西もあまり“送らない・返さない派”だそう。ドラマの共演者とのグループLINEもあるが、筧は「本当にあまり進まない。わりとみなさんマイペースなんだな。それもそれで面白い」と苦笑した

 実際のやりとりについて大西は「『あけましておめでとうございます』『今年もよろしくお願いします』って送りました」と報告。筧も「打ち上げのとき『また集まりましょう~』みたいな話題になったので、『やりましょう』みたいな話題を出したのですが、なかなか進まない」と明かした。眞島は「仲は良いんですけど…」と困惑気味で、盛り上げ役を「和田くんにお願いしようかな」と頼っていた。