24日に公開を迎えたハリウッド実写映画版『キャッツ』で、日本語吹替版キャストとして声優に挑戦している4人組バンド・Official髭男dism(=ヒゲダン)の藤原聡が熱唱する本編映像が解禁された。

【動画】ヒゲダン・藤原の美声が響く予告映像

 全世界累計観客動員数8100万人、日本公演通算1万回を記録するなど、1981年のロンドン初演以来、今なおミュージカルの金字塔である『キャッツ』。日本語版吹替は、主人公・ヴィクトリアを葵わかな、猫たちのリーダー・マンカストラップを山崎育三郎が担当。藤原は歌手のジェイソン・デルーロが演じるハンサムでカリスマ性を持った猫、ラム・タム・タガーを演じている。

 解禁された映像では、ワイルドでエネルギッシュなキャラクターを熱演する藤原の美声が響いている。「表情豊かに歌を歌うことができたんじゃないかなと思います」と話していた声優としての藤原の声を楽しめる内容になっている。