男装ユニット・EUPHORIAの3rdシングル「桜色の旅立ち」(4月8日発売)の表題曲の先行配信が各音楽配信サイトであす29日にスタート。あわせて、メンバーが桜色の衣装に身を包んだ最新のアーティスト写真が公開された。

【動画】メンバーが次々見つめる…「熱烈LOVE!!」MV

 同曲は、SPEEDなどのプロデュースを手がけ、前作「熱烈LOVE!!」の作詞を、そのカップリング「冬色イルミネーション」で作詞・作曲を担当した伊秩弘将氏が、作詞・作曲。新しい旅立ちの季節にふさわしい、EUPHORIAの無邪気な歌声が心に迫る“桜・卒業ソング”に仕上がっている。

 楽曲提供にあたり伊秩氏は、「僕も仕事柄これまでいくつものグループやユニットのデビューや解散に立ち会ってきて、いつも頑張ってきたはずのメンバーがある日脱退したり、ずっと続くと思われた塊が、ある日を境にもう2度と見れなくなったりという事を繰り返し目の当たりにするたびに、ああやっぱり大人になっても『卒業』ってあるんだなと思ってきました」と「卒業」をこれまでの自身の経験で振り返り、「そんな春の風の中で離れ離れになっていく桜の花びらのような歌を、EUPHORIAの4人の温かく、そして凛々しい包容力で表現したのがこの『桜色の旅立ち』です」と新曲に込めた思いを明かした。

■伊秩弘将氏コメント
後で思い起こすと煌めいている風景というのは、
もう2度と戻れないかけがえのない居場所や、
仲間と真っ直ぐ何かに向かって生きていた日々のような気がします。
その代表が、必ず卒業していく“学校”という存在なのですが、
僕も仕事柄これまでいくつものグループやユニットの
デビューや解散に立ち会ってきて、
いつも頑張ってきたはずのメンバーがある日脱退したり、
ずっと続くと思われた塊が、
ある日を境にもう2度と見れなくなったりという事を
繰り返し目の当たりにするたびに、
ああやっぱり大人になっても『卒業』ってあるんだなと思ってきました。
そんな春の風の中で離れ離れになっていく桜の花びらのような歌を、
EUPHORIA の四人の温かく、そして凛々しい包容力で表現したのが
この『桜色の旅立ち』です。
若い子達にとってはリアルであり、
大人達にとってはノスタルジックな
この想いを一人でも多くの人達に届けば良いなと願っております。