女優の広瀬すずが28日、都内で行われた『第54回紀伊国屋演劇賞』の贈呈式に出席。昨年上演の初舞台『「Q」:A Night At The Kabuki』での好演が評価され、個人賞を受賞した。

【写真】村井國夫、土居裕子ら受賞者が登場

 笑顔で記念品を受け取った広瀬は「正直私は、舞台はやらないだろうと思っていました。初めてワークショップに参加したときも公園の噴水やケンタウロスになって、表現って難しいなとハッとした」とスピーチで本音を吐露。初舞台で「苦労や悔しさ」を改めて体感したといい「もっともっと演劇の世界を知って、まだまだ浅はかな場所にいるので、ここにいるような皆さんの背中に少しでも追いつけるよう勉強、努力をしていきたい」と前を向いた。

 同賞は1966年に創立され、毎年東京で上演された演劇公演を対象に選出する。そのほか、「団体賞」を劇団桟敷童子、「個人賞」を村井國夫、土居裕子、松本祐子、亀田佳明が受賞した。

 劇団桟敷童子の舞台『獣唄』で初受賞を果たした村井は「今まで54年間、全く縁がなかったですけど、頂けるのであれば頂きたいとずっと思ってました。今回、大好きな、大好きな劇団桟敷童子のみんなと受賞できたことは喜びもひとしおでございます」と感無量。ともに登壇した広瀬に対しては「この中で初舞台でもらった人がいる。僕は54年かかった。これも才能の差だと思います」と自虐を交えながら祝福していた。