坂道グループが近年の写真集シーンをけん引するなか、本家とも言えるグラビアアイドルが影を潜めてしまっている印象がある。そうしたなか気を吐いているのが、グラビアを中心に活動する2.5次元モデル・あまつ様だ。実在するのか、しないのかを明らかにしないミステリアスな彼女のファースト写真集『水泡』は、アイドルや女優の作品がひしめくランキングで、堂々の初登場TOP10入り。その後も3週にわたりランキング圏内を推移している。グラビアを主戦場とするモデルとして奮起するあまつ様に、現状のシーンへの思いを聞いた。

【写真集カット】着替え中の大胆露出シーンも公開したあまつ様

■えっちだけど下品さのない、おしゃれで綺麗な女性の写真が大好き

――ファースト写真集が、オリコン週間BOOKランキング ジャンル別「写真集」1/6付で8位にランクイン。初登場TOP10入りしました。
【あまつ様】本当にありがとうございます。とても驚きましたし、とても嬉しいです。発売まではずっと不安で、毎日気が気じゃなくて…。マネージャーも心配するほど弱音ばかり吐いていたんですが、目に見える形で結果が出たことは、かなり励みになりましたね。弱気でいるのはもったいないと思えたし、少しでも前向きになるきっかけになりました。ファンのみなさまに本当に感謝です。

――今作に込めた思いを教えてください。
【あまつ様】わたしの活動の原点は、自分の大好きなものを共有したいという思いです。もともとえっちだけど下品さのない、おしゃれで綺麗な女性の写真やイラストが大好きで、自分でも表現したいと思ったのがきかっけで、それは今の“あまつ様らしさ”でもあると思っています。『水泡』では、それを存分に表現するために、メイクもスタイリングも、撮影場所のセレクション、撮影イメージや写真の選別、シチュエーションの配列等、すべてをセルフプロデュースしました。自分では大満足です(笑)。観てくれたみんなにも響いているといいな。

――ファンの方々から、どういったところが支持されていると思いますか。
【あまつ様】自分を変幻自在に表現できるところだと思います。今回の写真集でも、衣装やシーンによって、まるで別人のようなショットが特徴ですが、まさにそれかな。2.5次元モデルであるわたしの最大の特徴でもありますね。

■アイドルとグラドル、ファン層も違うから差があることに違和感はない

――2.5次元モデルの3次元モデルとの違いや“強み”を教えてください。
【あまつ様】わたしは、ファンのみなさんそれぞれのなかに、あまつ様が存在していると思っていて…。あまつ様の存在は本来フィクションで、正解がないんです。ファン一人ひとりの、その人のなかにしか存在しない、その人のイメージで創りあげられたあまつ様が、すべて正解のあまつ様。だからわたしは、変幻自在に自分の存在や印象を変えられる。それはきっと、2.5次元モデルであるわたしにしかできないことだと思っています。

――近年の活況を呈している写真集シーンですが、坂道グループをはじめアイドル作品のヒットが目立っており、グラビアアイドルがそれを追っている印象です。グラビアで活動されているあまつ様から見て、この状況への思いはありますでしょうか。
【あまつ様】どちらにもそれぞれ良さがあって、ファンの層も全然違うものだと思うので、差があることに違和感を感じることはありません。どちらも大好きですし。

――グラビアアイドルとして活動していくうえでのポリシーや矜持とは。
【あまつ様】グラビアアイドルとして、というより、2.5次元モデルとして、常にファンの知らないあまつ様を追及していくことを心がけています。先ほど少しお話ししたように、ファンのイメージで完成されるあまつ様は、常に新しく更新されていく、フィクション足り得る存在でなくてはならないので、観るたびに「誰だこのいい女!?」って思わせたいです(笑)。

――あまつ様のこの先の目標や夢を教えてください。
【あまつ様】実は今はなくて…。写真集を作ること自体、活動の大きな目標のひとつだったので、次は自分に何ができるかな、とけっこう悩み中です。でも、せっかくなので超でかい夢を持ちたいですね!今後も活動をしながら、超でかい夢を探そうと思います!