2018年10月~19年9月に出版された絵本の中で、支持された作品を表彰する『第12回MOE絵本屋さん大賞 2019』の贈賞式が23日、都内で開催。大賞『なまえのないねこ』(文・竹下文子、絵・町田尚子)含めた10位まで、新人賞の受賞作家が出席した。

【写真】新人賞を受賞した吉本芸人のひろたあきら氏

 同賞は、絵本とキャラクターを扱う月刊誌『MOE』が、全国の書店・絵本専門店の児童書売り場担当者3000人にアンケートを実施し、もっとも支持された絵本30冊を決定するもの。

 大賞作『なまえのないねこ』は、八百屋や書店、パン屋、蕎麦屋、喫茶店などの飼い猫たちが持っている「名前」に憧れている、ひとりぼっちの猫が主人公。ある日、お寺の猫に「自分で好きな名前をつければいいじゃない」と言われ名前を探すことになるが、名前のない猫が見つけた「ほんとうに欲しかったもの」が描かれる。

 新人賞作品『むれ』は、「みんなと違う」ことを思わず考え直す、心にしみる探し絵絵本で、作家のひろたあきら氏は、吉本興業所属のお笑い芸人。

■ランキング
第1位:『なまえのないねこ』(小峰書店)
第2位:『ころべばいいのに』(ブロンズ新社)
第3位:『たべものやさん しりとりたいかい かいさいします』(白泉社)
第4位:『それしか ないわけ ないでしょう』(白泉社)
第5位:『へいわとせんそう』(ブロンズ新社)
第6位:『みずとは なんじゃ?』(小峰書店)
第7位:『Michi』(福音館書店)
第8位:『ねえさんといもうと』(あすなろ書房)
第9位:『ねこのずかん』(白泉社)
第10位:『ノラネコぐんだん おばけのやま』(白泉社)

新人賞:『むれ』(KADOKAWA)