韓国の大手芸能事務所JYPエンターテインメント所属で、2PM、TWICEの弟分グループ「Stray Kids」(ストレイキッズ)が、3月18日にベストアルバム『SKZ2020』(読み:スキズ ニーゼロニーゼロ)で日本デビューすることが決定した。

【写真】イケメンぞろいのStray Kidsソロショット&ライブフォト集

 Stray Kids(通称スキズ)は、2017年に韓国のTVチャンネルMnetで放送されたサバイバル・リアリティ番組『Stray Kids』を通じて選抜されたバンチャン(22)、リノ(21)、チャンビン(20)、ヒョンジン(19)、ハン(19)、フィリックス(19)、スンミン(19)、アイエン(18)からなる平均年齢19.6歳の8人組。18年3月に韓国デビューすると、19年には早くもワールドツアーを敢行し、アジア(タイ、インドネシア、フィリピン)、ヨーロッパ(イギリス、フランス、ドイツ、ロシア)、アメリカ(ニューヨーク2公演、ロサンゼルス、ヒューストン)で全13公演をソールドアウトさせた。

 昨年12月3日に東京・代々木第一体育館で行われたファンクラブ限定ショーケースでは3月に日本デビューすることが発表されていたが、ついに3月18日のデビュー日と、ベストアルバム『SKZ2020』が初回生産限定盤(2CD+DVD)、通常盤(2CD)、期間生産限定盤(CD)、完全生産限定盤(TAPE)の全4形態でリリースされることが明らかになった。

 初回生産限定盤および通常盤には、日本デビュー用に撮りおろした豪華フォト歌詞ブックレットを封入。完全生産限定盤は、韓国でのデビュー前にリリースしたアルバム『Mixtape』を彷彿とさせる、2020枚限定のカセットテープでリリースされる。

 アメリカ、アジア、ヨーロッパを回るワールドツアー『Stray Kids World Tour 'District 9 : Unlock’』の全日程も発表され、日本では3月21・22日に大阪・丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)、8月29・30日に神奈川・ぴあアリーナMMの計4公演が行われる。