俳優の及川光博、武田真治、声優の津田健次郎が16日、都内で行われた映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の応援上映会に参加。コスプレ姿で登場した3人はノリノリで初めての応援上映を楽しんだ。

【写真】イケメン集結!”SW”コスプレをしてキメポーズをする及川光博ら

 及川は「ハ~イ! スター・ウォーズとコスプレが大好き。及川光博、50歳です」と自己紹介し、武田も「正しいことにまっしぐら、武田真治です」と同調したあいさつで沸かせた。会場にはコスプレ姿でライトセーバーなどを持ったファンが大量に押しかけた。観客を見渡した及川は「みんなで飲みに行きたい!」と満面の笑みを浮かべる。

 この日、及川と津田はカイロ・レン、武田はルーク・スカイウォーカーのコスプレだった。及川は「かっこいいでしょ。この衣装、オリジナルで作りました」と話し「すごく気分がいいです」と気分が高まったそう。武田も「ルーク・スカイウォーカーをあつらえました。夢だったんです。これ、買い取ります」と感無量の様子だった。

 第1作のEP4を見てからシリーズの魅力にどっぷりハマったという及川は「小学校3年生。ただただ驚きの世界だった」と衝撃を振り返る。完結編となる同作は「ハンドタオルを持ってきてよかった。エンドロール中、ずっと数分間おえつしてました」と照れながら明かし「一言で言うとEP9は卒業式みたいだった。泣けた、泣けた」としみじみと口にしていた。

 3人とも初めての応援上映だったそう。過去作の映像も交えた特別なショートムービーに「ここだよね」「もう泣きそう」と感慨を語ったり、「ノー」「アイム ユア ファーザー」と名せりふを一緒に言ったり、満喫していた。