東京・六本木に、月売上が約1億円にものぼる景気の良い場所が存在する。その名も『バーレスク東京』。店内には大型LEDが四方八方に設置され、中央には回転するステージ、そこで人気曲とともにセクシーな美女ダンサーたちが華々しいパフォーマンスを繰り広げる “新感覚エンターテイメント空間”だ。 2013年のオープン以来話題を集め、そのステージを一目見ようと女性や海外からの客も連日多く訪れる。今回、前職が「夜の世界」だったダンサーたちに、どのような経緯で入ることになったのかを聞いた。

【バーレスクダンサー】某大手IT企業に所属している「ぴの」

■キャバクラでナンバーワンを獲得 将来は芸能界を目指す

 以前はキャバクラでキャストとして勤務しており、お店でNo.1を獲得したこともあるというシンディさん。そのままでも成功した人生なのでは……と考えるが、小さい頃に祖父から「いつも可愛いね。将来はアイドルだね」とよく褒められていたことから、より“周りに注目される”仕事を希望するようになる。

そんな折、バーレスク東京で働くダンサーからSNSを通じて直接スカウトが。ダンス経験はゼロながらも、持って生まれた愛嬌で、入店わずか2ヶ月で人気ダンサーに。「今後はテレビやCMに出演したいです!」と野望を語っている。

■錦糸町のショーパブから六本木へ

 太ももにある蛇のタトゥーが印象的なKumiさんは、それまで働いていた錦糸町のショーパブが潰れてしまったことをきっかけに、バーレスク東京に応募。すでに7年在籍しており、ポールダンスなど、培ってきた技術を惜しげもなく披露している。

そのスラッとしたスタイルと堂々としたパフォーマンスが特徴的だが、ダンスを始めるまでは「すごい人見知りで自己表現が出来ない子だった」と語る。地元・鳥取の中学生時代にヒップホップダンスと出会ったことから、自分に自信が持てるようになったそうだ。

■接客業を数多く経験 その後見つけた「光」 

 焼肉居酒屋のホールや、コールセンター、アパレル、歯科助手、そしてキャバクラと、ここに来るまでに様々な職種を経験してきた「ぷりん」さん。実は以前から「アイドルになりたい」という思いを持っていて、色々なオーディションを受けたものの通らず、挫折を味わっていた。

 それでも夢は捨てずにいたところ、雑誌やテレビにもたびたび取り上げられるバーレスク東京を見つけ「ここなら私がやりたいことができるかも」と思い入店を決意。最近では女性のお客さんが親しく話してくれることに感激したと明かす彼女。自分が憧れたアイドルのように、お客さんに活力を与えられる存在になることを目標としている。