ダイキャスト製ミニカー『トミカ』の発売50周年記念アニメ『トミカ絆合体 アースグランナー』が4月からテレビ大阪・テレビ東系6局ネットで放送されることが15日、都内で行われた製作発表会で発表された。応援団長を務めるお笑いコンビ・よゐこも会見に登場した。

【写真】『トミカ絆キズナ合体 アースグランナー』のビジュアルカット

 2人はヒーローショーやロボットに興奮したが、現時点で出演の予定はない。濱口優は「見続ける」と宣言したが「僕らも地球を守る仕事がしたい…」と本音もチラリ。有野晋哉も「地球を守ってもいいっすよ!」と軽く宣言し、関係者を笑わせていた。フォトセッションではよゐこはだけのショットもあり、有野は困惑の表情を浮かべながら「『本人は出演しません』って書いといて」と報道陣に珍要求をしていた。

 仮に出演するならという質問に濱口は「ヒーローの車をメンテナンスする愉快なメカニック」と話し、有野は「僕は、そこで働くロボット。関西支部とかで出たいね」と思い描いていた。応援団長の意気込みを問われた有野は「頑張ってください!」と投げやりなエールを送り、濱口から「頑張るのは俺らや!」とツッコまれていた。

 幼少期からトミカで遊んでいた濱口は「扉を両方開けたら飛べるっていう設定でした」と“トミカあるある”を披露。一昨年5月にタレントの南明奈と結婚したばかりで「もし男の子を授かれたらトミカで遊ぶでしょうね。楽しみです」とにっこり。さらにイメージを膨らませ「僕がいっぱい買ってしまうのを(南から)怒られそう」と話したが、「まぁ、想像の世界ですけどね(笑)」と現実に戻っていた。

 『トミカ絆合体 アースグランナー』は、地球の自転エネルギー“アースエナジー”を狙って宇宙から襲来した謎の敵に対抗すべく設立させた秘密組織『アースグランナー』と、その一員として戦う少年たちを描いた手に汗握る熱いヒーローバトルアニメとなる。

 主人公となる双子の兄弟の駆動ライガは石上静香、駆動クウガは桜井春名が務める。ライガは“グランナーR”に、クウガは“グランナーK”に変身もする。それぞれの相棒となるビークル“ガオグランナーレオ”は檜山修之、“ガオグランナーイーグル”は日野聡、地球防衛隊『アースグランナー』に所属しスーパーレーサーでもあるマッハ ゴウは福山潤が担当する。