女優の芳根京子(22)が15日、自身のツイッターを更新。幼少期の姿を公開した。

【写真】「もう、女優顔」幼少期の写真を公開&パンダになった芳根京子

 前日に放送された日本テレビ系バラエティー番組『ウチのガヤがすみません!』に出演していた芳根は、2歳のころに夢見た「パンダになりたい」という希望を番組で実現。工作芸人・ツクロークンが作成した“パンダの着ぐるみ”を着用し、夢を叶えた。

 放送から一夜明け、芳根はパンダの手作りお面をつけた幼少期の写真をアップ。「2歳のわたしへ よかったね。 22歳のわたしより」とメッセージし、20年来の夢を叶えた喜びを噛み締めた。

 この投稿に「変わってない!!」「もう瞳が出来上がってる」「パンダになる…の証拠写真」「幼い時から美人は美しいのですね」「もう、女優顔ですね!」「パンダにコアラをかぶせるホッコリ感が癒し系」「20年後の未来 君はパンダじゃなく立派な女優になってるよ」など、さまざまなコメントが寄せられている。