女優の北川景子が、17日にNHK総合で放送されるNHKスペシャル『あの日から25年 大震災の子どもたち』(後10:00~10:49)で番組ナビゲーターを務める。1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災。北川も小学生の時に神戸で被災した。今回、自身の阪神・淡路大震災に対する思いも語る。また、北川が神戸を訪れ、震災と向き合いながら生き続けてきた人々のメッセージを伝えるミニ番組『阪神・淡路大震災25年あの日を胸に』も総合テレビ、BS1、BS4Kで随時放送中。

【写真】阪神・淡路大震災関連番組に出演する久米宏

 あの日から四半世紀(25年)の節目の年に、番組では社会心理学の専門家と協力し、これまで前例のない大規模調査を行った。対象は震災当時、小・中学生(6~15歳)だった子ども、いわゆる“震災の子”だ。現在31~40歳となった人たちに、震災が「その後の生き方」や「進路」などにどのような影響を与えたか。回答が得られたおよそ600人のアンケート結果の分析が進む中で、専門家も驚く結果が明らかになった。

 「家族を亡くした」「自宅が全壊」など、被災程度が高い人のうち、「今では震災体験を前向きに捉えている」と答えた人が6割近くにのぼった。一方で、「今も思い出したくない」「触れて欲しくない」と答える人が2割近くいることもわかった。この分岐点はどこにあったのか。分析・取材を進めると「先生」や「近所の大人」など家族以外の「周囲の大人」の存在がカギとして浮かび上がってきた。

 “震災の子”がたどってきた25年間をひもとくことで、神戸から全国の被災地へ、新たな教訓を伝える。