人気アイドルグループ・欅坂46の菅井友香、小林由依、原田葵、尾関梨香、小池美波が、15日発売の『週刊少年マガジン』7号(講談社)の表紙と巻頭グラビアに登場。モノトーンの衣装に身を包み、最新美を披露した。

【写真】圧巻のフォーメーション!「不協和音」のリハーサルを行う欅坂46

 2019年は、デビューから3年5ヶ月という短期間で東京ドーム公演を成功させ、2日間で10万人を熱狂させた欅坂46。そのほかにも多くの話題を振りまき、大みそかの『紅白歌合戦』で披露した「不協和音」の気迫のパフォーマンスは絶賛の声が寄せられた。

 さらなる飛躍が期待される2020年、その幕開けとなる今回のグラビアでは、スタイリッシュな雰囲気のソロカット&仲良さそうにじゃれあうペア・トリオカットが掲載。小林と小池は昨年にソロ写真集を発売しており、磨きのかかった表現力を発揮している。

 同号の巻頭カラー漫画は、『骨が腐るまで』の内海八重氏の新連載『なれの果ての僕ら』が65ページで掲載される。

【写真】撮影/Takeo Dec. スタイリング/川上舞乃 ヘアメイク/平松浩幸・新山知佳・mao デザイン/柳野沙織(Thir.One inc)