俳優の高畑充希・山崎賢人がダブル主演する映画『ヲタクに恋は難しい』(2月7日公開)の主要キャストが登壇する完成披露会“聖地プレミア”が13日、ヲタクの祭典「コミックマーケット」の会場としても知られる、東京・有明の東京ビックサイト(TFTホール)で開催された。

【写真】山崎賢人、高畑充希ら…30人のヲタクダンサーズとフォトセッション

 同映画は、周囲にヲタクであることがバレることを恐れるBL好きの“隠れ腐女子”桃瀬成海(高畑)と、成海の同僚で幼なじみであり、“重度なゲームヲタク”の二藤宏嵩(山崎)がヲタクワールド全開で繰り広げる不器用でピュアなラブコメディー。さらに、超能力者や勇者、侍、ヤンキーなどさまざまキャラクターでコメディーを手掛けてきた福田雄一監督が、「映画『ラ・ラ・ランド』が流行る前から撮りたいと言っていた」というミュージカル映画仕立てになっている。

 高畑はもちろん、山崎も劇中で数曲歌い、ダンスを披露している。これまでダンス経験がほとんどなく苦手意識があったという山崎は、最初、福田監督から「ダンサーの血が流れてない」と言われたそうだが、「ある日、流れました」とうれしそうに報告。「最後は、ダンサーズハイにもなって、すごく気持ち良かったです」とアピールした。さらに、「カラオケに行くのは好きだったんですけど、ボイトレ(ボイストレーニング)をさせてもらって」と、歌も撮影までに仕上げていった。

 こうした山崎の努力に対し、福田監督も「最後にはダンサーの血が流れていた」と前言撤回。「歌とダンスは才能だと思っていた。でも、ちゃんと練習するとうまくなるんだな、というのは今回の山崎賢人を見てわかりました。ぜひ見ていただきたいです」と称えていた。

 舞台あいさつには、福田監督、高畑、山崎のほかに、菜々緒、斎藤工、賀来賢人、若月佑美、ムロツヨシ、佐藤二朗が登壇した。