2020年度前期連続テレビ小説『エール』(NHK)で主演を務める俳優・窪田正孝(31)。今年、大注目の窪田が、3月16日に写真集『窪田正孝&写真家・齋藤陽道「a」』(SDP)を発売することが決定した。

【画像】収録予定の全4ページ

 自身初の写真集『マサユメ』(2018年9月発売)、昨年春よりスタートし、現在も発売中の「窪田正孝×写真家・齋藤陽道 デジタルカレンダー」などでタッグを組んできた写真家・齋藤陽道氏と、2020年のカレンダー(発売中)でもコラボレーション。

 カレンダーは、パリの美しい街並みをロケ地に、パリジャンを思わせるシックで大人な雰囲気漂うスタイリングに、エレガントな雰囲気を感じさせる、窪田の等身大の魅力が凝縮された写真が満載の内容となっている。

 今回、カレンダーに収まりきらなかった、窪田と齋藤氏がフランス・パリのさまざまな地を巡りながら撮影した写真を、一冊の書籍として発売。ゆったりとした時間を過ごしながら撮影された優雅なパリの空気感を感じさせる“旅本”で、街中のおしゃれなカフェでのふとした瞬間の表情や、フォトジェニックでおしゃれなパリの街並みに溶け込む姿、アパルトマンホテルでのんびりリラックスする様子、エッフェル塔前での記念ショット、晴れた日の公園で窪田と齋藤氏がのんびりボートに乗っている様子など、現地で過ごす何気ない自然体な瞬間を垣間見ることができる。

 “旅本”ならではの企画も満載で、パリで2人が実際に過ごしたスケジュールや2人が訪れたスポットの紹介、現地滞在中の食事紹介、撮影で着用したパリジャン・ファションの解説、さらに貴重なオフショット集、撮影中の思い出を振り返る齋藤氏の手書きコメントまで収録。まるで2人と一緒に旅をしたような気持ちになれる一冊となっている。

 タイトルの「a」は窪田自身が考えたもので、「英語で役者はActor。フランス語で職人をArtisanと呼ぶそうです。タイトルのaはいずれ大きなAになれるように」という願いを込めてつけられた。