女優の蒼井優(34)が13日、都内で行われた映画『ロマンスドール』の公開直前イベントに出席。共演の高橋一生(39)と共に恋愛・結婚についてトークを展開した蒼井は「私も(結婚は)しないものだと思ってた。考えてもなかったけど、何かうっかり…」と口をすべらせる一幕が。すぐさま「うっかりじゃないや、ヒョッと…」と訂正し、笑いを誘っていた。

【全身カット】小花柄のかわいらしいワンピース姿の蒼井優

 昨年6月に南海キャンディーズ・山里亮太(42)とゴールイン。蒼井は「結婚というか家族になるという感覚だったかな。イメージしていた男女の出会いよりも、添い遂げるのが当たり前の仲というか…」としみじみ語りながら「新婚なので私が何を言っても説得力がないかもしれませんが“車線変更”みたいな感じですね」と回顧。これには“独身”の高橋も「すごくいい言葉! 車線変更したい!」と羨望の眼差しを向けた。

 新婚生活を送る蒼井のトークを参考にしていた高橋だが、自身の恋愛事情に話題が及ぶと「結婚できるかな? という恐怖がある。このぐらいの歳になると…」とトーンダウン。蒼井から「誰だって(高橋と結婚)したがってますよ」とフォローを受けるも「僕みたいなものは、どうせ孤独ですよ…」と自虐気味に吐露していた。

 物語は、純愛と性愛とドールが交錯する大人のラブストーリー。園子(蒼井)と結婚した哲雄(高橋)は、ラブドール職人としてドールを作っていることを隠し続けている。仕事に熱中し、恋焦がれて結婚したはずの園子とは次第にセックスレスになっていく。“夫婦の危機”が迫るかと思ったとき、園子も胸の中に抱えていた秘密を打ち明ける。24日より公開。

 2001年公開の『リリイ・シュシュのすべて』以来、18年ぶりの映画共演を果たした2人。蒼井が「一生さんのおかげで、緊張なく、変に気を遣うこともなくできた。とても助かりました」と振り返ると、高橋も「とても自然にお芝居ができたので、僕も助かりました」と返し、感謝していた。