AKB48グループの新成人が13日、“アキバの守護神”として知られる東京・神田明神で成人式を行った。2011年から恒例のお披露目には、AKB48の大盛真歩、SKE48の江籠裕奈、NMB48の小嶋花梨、HKT48の田島芽瑠、NGT48の本間日陽、STU48の今村美月ら42人の新成人メンバーが参加し、色鮮やかな晴れ着で魅了した。

【写真】色とりどりの着物が華やか!グループ別の個別ショット

 大勢の報道陣を前にそれぞれ新成人の抱負を語ったメンバーたち。自身の目標として「美しくキレイな女性」と掲げたHKT48の松岡はなは「年相応に見られたくて…。『まだ、16歳じゃない?』って言われることもあるので、さっしー(指原莉乃)さん、こじはる(小嶋陽菜)さんのような美しくキレイな女性に見られたいです。さっしーさんには、さっき写真を送ったら『かわいい』をいただいたので、うれしかったです」と声を弾ませた。

 恒例の「〇〇世代」との質問には、本間が代表して「令和出発世代です。令和初の新成人として、新しい時代を切り拓いていけるように、先頭を切っていけるように頑張ります」と意気込み。「2019年は周りの方々にすごく支えられた1年でした。ファンの方に心配や不安を与えてしまうことも多い1年だったと思いますが、その中でも熱心に支えてくださる、ファンのみなさま、スタッフのみなさま、メンバーのみんなにすごく支えられました。2020年は、いつも支えてくださるみなさんに感謝の気持ちをこめて、一つひとつ精いっぱい活動していきたいです」と呼びかけていた。

 新成人式にはそのほか、AKB48から市川愛美、岡田梨奈、大竹ひとみ、蒲地志奈、多田京加、春本ゆき、吉橋柚花、SKE48から入内嶋涼、北野瑠華、菅原茉椰、竹内彩姫、仲村和泉、西満里奈、平田詩奈、福士奈央、松本慈子、NMB48から明石奈津子、坂本夏海、佐藤亜海、菖蒲まりん、西澤瑠莉奈、溝渕麻莉亜、HKT48から上野遥、月足天音、豊永阿紀、長野雅、深川舞子、村川緋杏、山内祐奈、NGT48から真下華穂、山田野絵、STU48から沖侑果、谷口茉妃菜、中村舞、矢野帆夏が参加した。