俳優の滝川英治(40)が11日、都内で自身初のエッセイ『歩 -僕の足はありますか?』(主婦と生活社)発売記念お渡し会を開催。2017年9月にBSスカパー!のドラマ『弱虫ペダルSeason2』の撮影中に自転車で転倒し、脊髄損傷のけがを負って以降、懸命にリハビリに取り組んできたが「うわー、たくさんいらっしゃる。すみません、お待たせいたしました。ありがとうございます」と大勢の報道陣に感謝を伝えた。

【写真】車いすに乗ってイベントに登場した滝川英治

 同書では、これまでの俳優人生、ドラマ撮影中の事故で脊髄損傷を負ってしまってからの葛藤や苦悩、現状を受け入れて新たな夢へと歩み始めている姿などを、滝川が自身の言葉でつづっている。滝川は「僕がけがをして2年弱、いろんな葛藤であり、家族や仲間の支え、経験したこと、ありのまますべてを書かせていただきました。40年間生きてきて、いろんな思いであったり、滝川英治の人生、半生をつづった1冊。形になって大変うれしく思っております」と喜びをかみしめた。

 脊髄損傷からの今までを振り返り「けがをしてから3日後くらいには、母親に本を出版する話をしていました。母親、家族に対して、なるべく心配をかけたくない、自分自身を鼓舞するという気持ちが強くて…。本当に家族、関係者、友人、出版社の方、みなさんに支えられて来ることができました」と回想。「一番はファンの方々にたくさんの勇気をもらいました。きょう、2年弱ぶりにお会いすることになるのですが、どういった顔をして、みなさんの前に出たらいいのかなって、自分の中でもわからない」と率直な思いを打ち明けた。

 ファンへの思いを伝えるために、口でサインを書いており、イベント前の取材会でも左手の手首で支えながら著書を持つなど、復帰を印象づける動作も見られた。ファンとの対面を前に「楽しみが99%、一抹の不安が1%。みなさんに心配をかけてしまったので申し訳ないという気持ちと感謝の気持ちを伝えたい」とアピールしながら、現在の体の状況について「四肢麻痺。感覚は胸から下の感覚がなくて。左の肩が動くのですが」と明かした。

 公の場に出て活動することについて、家族内でも葛藤があったようで「賛否両論あるかもしれないですけど、僕を通して何かを感じてもらえるんじゃないかなと。母親はもっと体が良くなってもいいんじゃないかと言っているんですけど、今までみたいに俳優業に復帰して、飛んだり跳ねたりがよくなるのか、こうやって話をするのが良くなるのかっていう。今の自分でもできることがあるんじゃないのって。この瞬間だからこそ、伝えられることがある」と胸の内を吐露した。

 今年の目標については「2020年になったので、やっぱりパラリンピックに関わるお仕事をさせていただきたい。僕にしかできないパラスポーツの魅力を伝えていきたい。絵本を作成中。具体的には決まってないのですが、口で絵を描いたり、ストーリーを作成中です」とにっこり。いとこで、フリーアナウンサー・滝川クリステルの反応については「本はまだ渡してないですね。ぜひ、読んではいただきたい」と声を弾ませていた。