女優の松下奈緒が主演するフジテレビ系連続ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』(毎週木曜 後10:00)第1話が9日放送され、初回平均視聴率が8.4%だったことがわかった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

【写真】『アライブ』で14年ぶりの共演を果たす松下奈緒&木村佳乃

 日本初の腫瘍内科を舞台とした同ドラマは腫瘍内科医・恩田心(松下奈緒)らがん診療に命を懸ける医師たちと患者が共に闘う姿を通して人が生きる意味、明日へ進む勇気を贈るメディカルヒューマンストーリーを描く。

 第1話では、横浜みなと総合病院に勤務する腫瘍内科医の心は様々な症状のがん患者と日々向き合い、忙しい毎日を送っていた。この日、心は、担当患者・高坂民代(高畑淳子)に再発の告知をしていた。民代にとっては幾度目かの経験で、軽口を叩き去っていく。一息つく間もなく、次は、化学療法室から緊急の連絡。初日の研修医・結城涼(清原翔)と共に駆けつけると、初来院の男性患者が倒れていた。心たちが適切な処置を施し落ち着きを取り戻すが、紹介状に添えられたカルテを見て、心は違和感を感じる。

 担当医である消化器外科部長の美川に生検を進言しようとするが、「勝手に人の患者を診るな」と言われてしまう。仕事を切り上げ、向かったのは別の病院。実は心の夫は3ヶ月前に事故に遭い意識不明となっていて…。